こんばんは、歩夢です。

いつも応援とレビューありがとうございます!


昨日ですね。急遽思い立ち、舞台「デュラララ!!」~円首方足の章~
を観に行ったんです。


いやー、


もう


素晴らしき非日常の世界が繰り広げられていました。


原作やアニメが人気の作品って、キャストさんや演出家さんのプレッシャーがとても大きいと思います。

でも見事にそれを乗り越えて、期待を大きく上回ってくれる作品だったのではないかと思います。


平和島 静雄の歩き方、竜ヶ峰 帝人の屈んだ姿勢、折原 臨也の緩急のついた指の動き、波江さんの凛とした冷たい視線、、、

挙げればきりがないですが、本当に細部にまでこだわりを感じました。


ワゴン組のコントやサイモンも面白すぎるし、それぞれの個性の出し方も上手で、

この舞台への情熱と作品への愛が終始感じられました。


2.5次元舞台は好きなのでこれまでもいくつか観に行ったことはあるんですが(「文ステ」とか。こちらも逸品です)

改めてエンタメ、そして物語の素晴らしさを実感しました。



そして原作となった「デュラララ!!」は、成田良悟 先生によるライトノベル。


小説からアニメ化、そして舞台化と繋がった作品……


なんとも夢がありますね!


自分にとってはまだまだ遠い世界ですが、なんだか胸が高まりました。

さて、連載中のオリジナル作品「BITTER COPS」もラストスパートを執筆中です。
この熱い気持ちのまま、一気に進めていきたいと思います。



皆さんも良い週末を!