私の話に出てくる女性たちにはみんなそれぞれ私が知っている実在のモデルがいます。結構無茶なストーリーに見えてもそれなりに実体験に基づいていたりします。大まかなストーリーは創作ですが、何かに遭遇した時のリアクションなどはそれなりのリアリティを持たせるようにしています。そう考えると事実は小説よりも奇なりというか、後になって人の真心や人の悪意に気づく時は、本当に私は未熟者だと思ってしまいます。