小説を書くにあたり、いつもはラストから考え、トリックやギミックを詰めてからプロットを煮詰めて書き始めるようにしていましたが、今回は大まかなプロットを考えて、ゆるく書いてみた次第。
初稿は3800字、だがこれなら6000字くらい書けそうな気がしたので書き足しました。いつもならなるべく少ない文字数で簡潔にストーリーを組む努力をしていましたが、今回はむしろダラダラ書いてみようと思い、冗長な文章になった自覚はあります。こんなだらしない書き方は正直読者にも失礼な話なので、敢えてタグやコピーをつけていません。

慣れないことはすべきではないのかも。
例え才能がなくても、ロジカルかつ簡潔に小説を書いていかないと、水増ししただけで中身のない文章はバレてしまうだろうなと戦々恐々です。