賞に応募するために全体的に見直していたところ、登場人物たちの主義主張を掘り下げたかったこと、主人公の想いの移り変わりを丁寧に書きたかったので、修正することにしました。ストーリーラインは変わってません。

一度完成品として出した作品をどれだけ手直ししていいものか、けっこう難しいところです。すでに読んでいただいた方がいるので。

これが出版された作品だったら当然そんなことが出来るはずもないし、お金を払ってくれた読者に「やっぱ内容良くなかったから変えちゃいましたw」なんて口が裂けても言えるはずはないですが、とりあえず上げて後から直せるという手軽さがWeb小説の長所でもあるし、まあ勝手によしとしときます。

後から完成した作品を見直した時に粗が目に付くのは、ただの自分の力量不足なんですが、本当よくあるんですよね。困ったことに。