三作目、無事に終わってくれました。

前作『ヘテロ・チャイルド』が時間かけすぎたという反省を踏まえ、プロットが固まってなくても「とりあえず書いてみよう」と二ヵ月という期限を切って書き始めた結果、二か月半くらいになってはしまいましたが、上手いこと着地できたのかなと。

本当はもっとお気楽なコメディにするはずだったのが、自分の性格なんでしょうがどうにも重い話になりがちで、ギャグとシリアスのバランスが難しかったかなあ。

あと、まだ「作品として完成度の高いものを」という意識が強すぎる気がして、もっと振り切って尖ったものを書きたいように書いてみようかなと思ったり。

とはいえ二ヵ月でも作品を完成させられることがわかったのは収穫でした。
書いているうちにどんどん話もキャラも当初の想定から変わっていくので、あまり構想に時間をかけすぎるのは良くないですね。

というわけで、次作はスピードと内容の黄金比を意識して挑みたいと思います。

最後まで読んでいただいた皆様、応援してくれた方、本当にありがとうございました。

2件のコメント

  • 半藤さん、お疲れ様でした! とても楽しく読ませていただきました。あらすじに全三話構成、とあるのにpart time-4に入ったときには(私が)どよめきましたが。

    お気楽なコメディが重くなっちゃうというのはわかります。ちょっと主人公の心情描写が足りないかなー、とか、動機付けが弱いかなー、とか思うとつい、重たいこと書いちゃうんですよね。私の場合は、ですけど。

    スピードを意識するのなら、書いた端から公開してみてはいかがでしょうか。
    そのおかげで私は今、非常に追い詰められています(笑)。

    また次回作を期待してます!

  • 瓜生さん、ありがとうございます!

    三話構成、確かに!!笑
    一話はオマケということでどうかひとつ。

    そうなんです、どうしても深みを出すのに暗い方向にいっちゃうのですよね。
    深みなんていらねえ!とか言ってみたいのですが…

    書いてすぐ出しは恐怖なんですよね~。
    でも後で見直せばいいと甘えられない環境で自分を追い込むのは確かにスピードが鍛えられそうですね。
    …考えておきます!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン