ジャズを聴けば、世界が変わる。
割と本気でそう信じています。

とは言っても、私は古くさいジャズは嫌いです。
現代ジャズや、色褪せないレベルの高い作品しか聴きません。

よくジャズは終わった音楽みたいに扱われるんですが、実は全く終わってないどころか、多分一番熱い音楽です。
なぜなら、ジャズというのは異なるジャンル同士がぶつかり合う摩擦の中にしかいられないからです。
新しさと古さの引っ張り合いの間に存在するものだからです。

簡単に言えば、先鋭化することを義務付けられた音楽、ということ。

そして何より、即興性。
それが生む、多種多様な個性。
なんでもあり、とも言えます。

即興は突き詰めれば作曲です。
作曲も本を正せば即興の賜物です。
結局はひらめきと経験。
感情とアイデア。
良いジャズを聴けば、そういう類のものを直感できるようになります。
マインドフルネス、って奴です。

それで多くの人にジャズを聴き始めて欲しいなと思ったのが始点。
なので、始めの方はわかりやすさ重視でチョイスしています。

音楽理論や背景なんかも織り交ぜていくので、何か興味がありましたら是非読んでみてください。
そして何より、聴いてください。