最近暑いですね。皆さんは暑さに負けずに書くこと、読むことを楽しんでおられるでしょうか。
 高柳は、最近になって書くだけではなく読むことも増えたので正直時間が足りておりません。
 せっかく立てた自主企画に参加して下さった全ての作品を、設定した期間内に読み終えるのは困難になってしまいました……すみません。企画終了後も履歴を辿って必ず読みに行かせて頂きますので、気長にお待ち頂ければと思います。

 今日は、三ヶ月近く更新を停滞していた二次創作の方を書いておりました。
 二次創作はオリジナルと読者層が異なるので、作品を公開するとその反応が明らかに違うのが面白いんですよね。二次創作は基本的にその作品の大元になった作品を知っている人でないと読みに来ないものなので、最初から登場人物や世界観についてを説明する必要もなく、ただただ自分の書きたいシチュエーションだけに絞って文章を綴ることができる。それだけで楽しんでもらえる。反応なんかもオリジナルと比較すると結構ライトな感じでぽんぽんと飛び交ってそこから新たな話が生まれたりして盛り上がって……楽しいです。これはオリジナルの舞台ではまず味わえない空気だと思います。
 オリジナルの方でもこういう交流を読者さんと気軽に楽しめればいいのになと、願ってやみません。
 高柳はもう十五年近く、現在も現役で同人作家として活動しております。同人作家としてはもう若くはない部類に入りますが、若い頃の情熱とノリはいつまでも忘れないようにして、今後も控え目に作品を書き続けていきたいと思っております。
 もちろん、オリジナルの方の執筆も続けていきますよ!
 丁度「三十路の魔法使い」が今日の更新分で本編百話目に到達したので、このまま完結まで持っていけるように頑張ります。