最近色々なことがあって微妙に疲労困憊気味の高柳です。
 来週から仕事量増えるっていうし、確実に死ぬね……まあなるようになれ。今更気にする気力もない。先日「はたらく細胞」を見ていて疲労が蓄積しすぎるとガンになりやすくなるって言ってたけど、これで本当に病気になったら逆に笑えるなぁとちょっとだけ思った。もし本当にそうなったら逆に小説のネタにでもしてやろう。うん。

 そんな感じで、平行連載となりますが新しく一本投稿し始めました。

「それでも人はあたしを勇者と呼ぶ」

 強制的に異世界転移させられた女子高生を主人公とした異世界ファンタジーものです。「捕食した相手の能力を吸収して自分のものにする」という能力を持った主人公が異世界で生きていく、まあよくあるパターンの話です。能力自体も結構あちこちで見かけるものですしね。転生スライムとか。
 ですが、本作の主人公は最初から倫理観が崩壊しているいわゆる闇堕ち系の人物なので、正義の主人公最強系の見ていてスカッとするストレスフリーの作品ではありません。むしろ逆です。悪が好き勝手に振る舞って何の罪もない存在を蹂躙するような、そういうストレスフルな作品なのです。
 読者をメンタルブレイクにする自信があるので、鬱系とかダーク系とかそういう話に免疫がない方はお手に取らないことを推奨致します。クトゥルフとかネクロニカが大丈夫なら多分いける。描写自体はわざと控え目に抑えてますから。
 とりあえず三話まで見てみれば、本作が自分に合ってるかどうかは分かると思います。主人公の境遇に共感できれば多分読める、そうでなかったら無理、その程度の判断で十分です。ちょっと興味があるなと思ったら、まずはそこまでお目通し下さい。評価等が何もなくても読んで頂けただけで高柳は十分です。

 以上、簡単な宣伝となりましたが。拙作「それでも人はあたしを勇者と呼ぶ」通称闇堕ち勇者を宜しくお願い致します。

2件のコメント

  • こちらにお返事すみません。

    近況ノート含め、ついったでも何から何まであたたかい言葉をありがとうございます。高柳さんがたくさん考え、たくさん悩み、それを経験した上で言葉を送ってくださったことがとてもありがたいです。
    本当なら高柳さんがしてくれたみたいに、いろんな言葉で表現したいのに。うまくいかず。ありがとうございますとしか。

    亀の動画じゃないですが、懐かしいゲームを超絶縛りプレイしている動画は見ていました。自分に厳しいルールを課しまくると見ている側が心配するんだなって気づきました。もうちょっと自分に優しくてもよさそうです。

  • 有澤いつき 様>

    お帰りなさいませ。
    こちらへの御訪問ありがとうございます。
    自分に厳しくというのは一見すると良いことのように思えますが、過度にやりすぎるとそのせいで周囲に迷惑をかけてしまうことになる……確かに、あるかもしれません。
    自分に責務を課した状態で執筆活動をしても、それが次第に苦になっていって楽しめなくなってしまうと思います。どうか自分が楽しむことを第一に考えて下さい。WEB世界の中ですら自分を抑圧して我慢し続ける必要はないのですから。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン