フォロー

最近自分を切り売りした某エッセイじわりとPV伸びてるんですけどアレ一体なんなんでしょう……w
いや、ありがたいですけれど。
恥ずかしくもあるといいますか……w

自主企画いっぱい打ち上がってますね―
この中で参加したいと思ったのは歴史のやつでしょうか
今はあれもこれもとはいかないので厳しいところはありますが……

これ読み手の方もなにかしら企画を立ち上げたりしたらいいんじゃないかなーと思ったりもしますね。

読み手の方、アピールするチャンスですよ。
たとえば「読み手目線でこういうのが読みたい選手権」とか銘打って自分の好きなのをエッセイなんかで語ってみたりとか。

読み手の方が何を求めていらっしゃるのかを知りたい気持ちが強い。
というか教えてください(

ほんとうに読者さんが求めているものはなんなのか。
読者さんにおもねりすぎても自分を見失いかねませんが、どうにかサイレントマジョリティーの声を拾いたい。

まだまだカクヨムの今後を諦めていませんよ。

それもそうなんですけど、私は作品を書けよというお話ですよね、ほんとすみません……

そういえば今日でけもフレコンテスト終わりか……
久しぶりに宣伝するかなあ……

3件のコメント

  • おはようございます、自称読む人です

    自主企画も立ち上げました
    読みたいのは、
    >メディアワークス文庫や集英社オレンジ文庫みたいな系のお仕事小説希望(笑)
     薄めの恋愛要素も入ってます、ならモアベターみたいな^^;

    >つまり「異世界、異能バトル、あやかしに興味はありません。普通の仕事があったらあたしのところに来なさい」


    少なくとも私は、恋愛・ラブコメ・現ドラにはそういうのを求めてます

    ファンタジー系なら、テンプレからうまくずらしたライトな作品、もしくは全く一から自分の世界観を構築したしっかりしたもの(こっちはあまりカクヨムでは期待していない、『十二国記』や『烏の単は似合わない』くらいのレベルを求めてるから:何があったか知らないけれど、堤さんって人の『レイア』も撤退してなろうに引越しちゃったし)ですかね


    一読者の好み、ってことで

    黒猫屋 拝

  • >kuronekoyaさん
    コメント返し遅くなりました。

    さっそくどういったものが読みたいのか、書いてくださりありがとうございます。
    黒猫屋さんもうすっかり小説を発表する側になられてますけど(現ドラ3位おめでとうございます)現役の書店員さんなのに加えて読み手さんに非常に近い立場でありますから非常に参考になります。

    やっぱりMW文庫やオレンジ文庫的な路線ですよね。
    決めゼリフが涼宮ハルヒ。今となってはもはや知らない人もいるんでしょうかねー

    『十二国記』や『烏の単は似合わない』かー
    ハードルががが……w
    いやでも一から世界観を構築してもうその作品ならでは!というようなものがほしいのはすごくよくわかります。
    作者にとってすごく難しいのは承知の上ですしWEBでは埋もれやすいんでしょうけどね……
    『このすば』などの気楽に触れられるものも話題になる一方で、そろそろ本格的な作品への回帰がくると思うんですよね―来ないかなあ

    『レイア』って確かアルファポリスさんで出てるヤツでしたっけ。
    間違ってたらすみません。なんかどっかでタイトルを目にしたことが

    黒猫屋さんの自主企画も面白そうなんですけど自分は参加条件に抵触してしまう(働くヒトコンに参加している)のが残念です。公平性を期すための措置だと思うので私としては好感を持てます。盛り上がるといいですね。

    それと、以前運営さんありがとう企画を近況ノートにあげた時に相良壱さんと引き合わせてくれたそうで、ありがとうございました!

  • こんばんわ

    あくまで「私の」好みであって、カクヨムにおいても強いのは、俺TUEEE系の異世界ものですけどね
    それこそサイレントマジョリティ、@英数文字のアカウントがフォローしているの

    『レイア』って堤さんって人がこの前の暮れくらいまでカクヨムで連載してた本格的な異世界ファンタジーだったんですけど、なろうにお引越ししちゃったんですよ

    って、今探したらなろうからもいなくなってますよ!?

    書籍化の話とかきて削除したのならいいけど、堤さん自身もなろうからいなくなってるっぽい
    ちょっと心配

    あ、アルファポリスから出てるのは『レイン』かと^^;

    自主企画はですねぇ、飽きるか飽きられるまで、何かネタを思いついたら時々募集すると思いますので、気が向いたらご参加下さい

    相良さんの件はねぇ、あれが相良さんの目に止まらなかったら寂しいじゃないですか
    途中にひとりふたり挿《はさ》んで伝言ゲームみたいにして届けばいいな、と思ってたんですけど、けっこうあっさり本人に捕捉されましたね
    よかった、よかった(^_^)


    というわけで、最初に戻ると今のところ最強は異世界
    あとはどんぐりの背比べ、みたいな

    次の流れは今のとろろ見えてこないですねぇ

    くろ

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン