https://kakuyomu.jp/works/1177354054881038781/episodes/1177354054898674436 に次のことを書きました。

"今朝、アラームが鳴ってそれを止めた時に思ったんですね。「あーなんか双子のめざましロイドアプリみたいなのを入れたんだよな。片側が時間を遡って『アラーム』をかけたことにして、予定時刻、起きたい時刻を『スヌーズ』扱いにすることで、目を覚ましやすくするやつ……。でも全然起きらんないじゃん、嘘つき……」と。「双子のめざましロイドアプリ」というのは存在しないし、時を遡ってアラームをかけたことにする、というのはさっぱり意味がわからんし、できたらタイムトラベルだし、全体に何を言ってるのか分からないと思うが、「その瞬間」は「そーだったそーだった」って思ってるんだよな。
 実は先週くらいにも似たようなことがあり、そん時は、「あーなるほどスヌーズ解除にパスワードが必要で、そのパスワードに必要な言葉はスヌーズ間で一部が重複してて、重複したものから『もとのパスワード』を復号することで本当にスヌーズを止められるわけか……なるほどな……」と思ってたと思う。"

 これが6/16のことだが、今日も似たような夢を見ていた。

 目覚ましはこれまで起きるべき時間だけを指定してきたが、そうではなくて、ストーリーの起伏で起きる時間を表すようになったのであったな、と思った。そのー、30分アニメとか特撮とかみたいな感じで、早い時間にはまだたいしたエピソードがない。でも起きるべき時間が近づくと、話が盛り上がってくる。たとえばなんか怪人と爆発起こしながら戦うとかね。で、そうやって盛り上がってくると自然に目が覚めるし、時間だけ示されても日によって起きるべき時間が違う人間(俺)にとってはわかりにくいが、ストーリーの進行度で起きるべき度が定められるのは良いこと、時刻以外の指標があると、今起きなきゃいけないのがわかりやすい。いい発明じゃん。と思ってたが、なにこれ? 
 最初、というのはこの記事でいうと2番目に書いた、「複雑なパスワード」はまあやろうと思えば実装できると思うけど、時を遡ってスヌーズをかけるやつも、エピソード盛り上げ型目覚ましも、ちょっとこれ実装無理やろ。ということは、ということはとか考えるまでもなく、そんなアプリとかは入れてないので、単純これ全部夢なんだが、つまり、時々俺は朝、起きなきゃ〜と思いながらシンプルに夢を見てることになり、これも当該記事に書いたが、大ポカの日は近い。

 ただその、目覚ましのアイデアを頻繁に思いつくってのは新傾向なんだよな。俺の夢の履歴的に。30歳くらいから、妙にリアルな悪夢を見る、が加わって、これはまだ分かるじゃん。こう、世間知を得たというか。発達の成果だと思うのだよね。じゃあぜんぜんわけわからん目覚ましの夢を見るというのは、なにがどうなった結果なのか??

 まあ3回目なので個別記事を立てた感じです。また見たら追記します。