いつも拙作を読んでいただきありがとうございます。

お久しぶりのご挨拶となります。
今回は『ユーロン・ユーサネイジア』を掲載させていただきました

今回、雰囲気は『レプリカ・エンパイア』とは打って変わって
どこか懐かしく新しい東洋風の世界観となっております。
ある事情により眼を隠して生きる少女と、彼女の眼球を求める魔人の物語です。

現時点執筆分でおよそ七万字ほど。
大詰めが見えてきている段階の上、前半部分はほぼ固まっているので掲載させていただきました。
油断してグダグダにならないよう頑張ります_:(´ཀ`」 ∠):
こちらは秋の新人賞に応募いたししますが、しばらくは公開できる予定です。

この後も新作としていくつかの百合作品など色々執筆を予定しております。
気長にお待ちいただければ幸いです。