何時になれば戦争になるんだよ!!くそったれ!!

って思ってる読者諸兄。たいへんすまない。
だがしかし、知ってほしい。
戦争というのは始まる前に既に決しており、故に開戦前の話が重要なのだということを(責任逃れ)。

さて、読者諸君の中にはびっくりした方もおられるかもしれない。
えぇ!!吸血鬼!!??って。
さらにこういったタイプの戦記を読んでいる(ウォー・ジャンキーな)読者諸賢の中にはこう思っている方もおられるかもしれない。
えぇ!!ドイツじゃないの!!??って。

その指摘は甘んじてお受け致そう。
話がそれで面白くなるのかという疑問は至極真っ当である。

ところで、ドイツは誰が出てくるんでしょうねぇ(ニタリィ)。期待したまえ。

さて、会話主体で乗り切った今回ですが。いかがだったでしょうか。
ネタが分かりにくいといった感があるのかもしれませんね。
え?つまらないって?
それはしゃあない。我慢して。

そうそう、今更ですが。同志海見みみみ殿。同志モニカ・タオカ殿。レビューありがとうございます。お二人様のレビューで頑張って書いてるようなもんです、はい。

同志海見みみみ殿にはどうやら会長を気に入っていただけたようで大変うれしく思います。たぶん、貴方とは女の子の趣味があってしまいますね。

同志モニカ・タオカ殿はどうやら儂(因みに我の普段の一人称です)のトリックに引っかかっていますねぇ。儂は賢くもなんともないですぞ!!
でもまぁあれですねぇ。石鹸枠というご指摘はそのとおりであります。
できるだけ文体、ストーリーを軽くして多くの人に呼んでもらいたいという浅はかな考えでありまして。
だが、それを最期まで続けるかどうかは謎ですなぁ!
これから描くは史上最悪の総力戦、第一次と第二次大戦ですからなぁ!!私の本気を見せなくてはならんでしょう(こらっ、そこっ!大したことないとか言わない)。

期待してくれ同志諸君。軍靴の音は近い。