俺の半分は悪魔でできている

作者 刹那雪兎

フォロー 1話目から読む

少年は自身の悪魔を使役し復讐に生きる、最愛の少女のために 刹那雪兎

―少年は理不尽な世界から目を背けた―

主人公凍夜要は捨て子である。なぜなら彼は悪魔と人間のハーフだからだ。父親を悪魔祓いに殺され、母親は非常にも彼を孤児院に捨てたのだ。成長した要は学生を演じる傍ら社会の害になる悪魔を殺す仕事、悪魔祓いを生業としている。その理由は彼の妹、空にあった。空は悪魔に作られた薬を飲み覚めない眠りに落ちてしまったのだ。その解毒剤を求めるため、そしてそれを作った隻眼の悪魔に復讐するべく要は悪魔祓いとなったのだ。

 ある日はぐれ悪魔が人間を襲っているという報告を受けて要は現場に急行、無事に悪魔を退治したが襲われていた同じ学校の少女、鈴谷時雨に一目惚れされる。
悪魔を孕んだ少年と平凡な少女の日常が始まる―

HJ文庫大賞第10回2次選考落選作品
初めて1次通った作品です、うれしさのあまり10秒くらい口が半開きになりました

コンテストに応募できるように一部改訂しました
それなりの評価をつけてくれるとうれしいです…

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビュー本文はまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

執筆状況
完結済
エピソード
4話
種類
オリジナル小説
ジャンル
ファンタジー
セルフレイティング
残酷描写有り
タグ
異能バトル 学園モノ 悪魔祓い 後輩 復讐
総文字数
100,119文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
1人
小説フォロー数
1

アクセス数