医療魔術師は、もう限界です!

作者 はな

433

179人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

軽快なテンポで描かれた微・医療小説です。いまや様々な異世界モノでごった返していますが、本作は珍しい医療モノ。異世界ならではの軽妙さで読めるブラックコメディです。

一話一話の文字数がちょうどよく、手の空いたときにさらっと読めるのが良いです!

ジーク先生、これからも頑張ってください!

★★★ Excellent!!!

――

ER集中治療室と違うところは、本作はドラマがコメディタッチで描かれている事ですが、その根底にあるテーマは同じくで、生死ギリギリの患者達をギリギリ状態の医師たちが必死に助ける為に奮戦する姿にあります。

文体は軽妙ですが、その根底には熱い血潮が感じられます。非常に面白いです! お薦めです!!

★★★ Excellent!!!

――

夏の多忙が落ち着き、こっそり読んでみたのですが
お医者さんに落ち着いて休みを取る時間なんてないですよね。
ファンタジーの世界なら尚の事、争いは絶えないワケで。
気になるあの子とデートをする時間も取れない絶望。
ジーク先生やオータムさんの日々を見ていると、仕事で疲れている自分に鞭打とうと思えます。
休みがあるだけましだよね、ホント・・・。

さて、まだ前半しか読ませていただいてませんが、オータムさんがジーク先生から預かった手紙を読み上げる第15話が、とても良かったです。
良い男性からアピールされていたのに、それをさらりと断って、自分が必要とされている場所に帰らなきゃ、と走るシーン。

感動のあまり読みながら筆を走らせたのに、最期のオチww
文章を読んで草生やしたのは何年振りかな・・・ハハ。
見事に私までラーマにイラッとしたのは言うまでもないです。

長編ですが一話々が程よい文字数で読みやすいので
合間にのんびり読んでいこうとおもいます~

★★ Very Good!!

――

テンポよくハイテンションで進む文章と、個性的なキャラクター達が魅力の作品でした。
忙殺されるジーク先生の姿が笑いと感動を呼び、そのコミカルでドタバタとした日々に引き込まれます。
しかしそうして物語を読み進めていくと、単なるコメディだけでない要素や奥深さがどんどん湧き出てきて、最後まで飽きることなく作品を楽しむことができました。
個人的にはオータムさんの個性に終始魅了されていました。
もっともっと、彼ら彼女らの活躍を見たかったです。

※6月23日追記
第1回 カクヨムWeb小説コンテスト特別賞受賞、おめでとうございます!新たな物語が、書籍で読めることに期待したいです!

★★ Very Good!!

――

いずれも魅力的なキャラとスピード感のある展開、それを支える背景の作り込み、そして思わず笑ったあとで我が身を振り返るブラックなお仕事描写と、飽きることなく最後まで読ませていただきました。
特にシチュエーションを活かしたコメディタッチな会話劇のキレは非常に高いレベルにあると感じます。

そのうえで、前述の通りキャラの過去や信念などのバックボーンをしっかりと作り込まれているように思うのですが、それを活かしきる前に展開が先へと進んでしまったように感じ、少しもったいない印象を受けました。
特にジークの、戦争や兵士に対する思い、また過去の人間関係などは、掘れば掘るほどいいエピソードが出てきそうでしたので、そのあたりを絡めてもう一山作るのもアリかな、と感じました。
……というか、単に自分が読みたかったですね、これ。

★★★ Excellent!!!

――

辛い仕事の中にある小さな日常は、見ていてとても癒されます。
結果は後からついて来るということが、よくわかる小説ですね。
天才なのに自覚がない主人公がこの先どうなるのか、何故か気になってついつい先に手を伸ばしてしまいます。

ps.
人を救うのは簡単じゃないんですね。

★★ Very Good!!

――

魔法で患者を治療するクリニックが舞台。
腕前は素晴らしいながらもどこか抜けている感じのジーク先生と、そこで働くスタッフたち。
個性的なキャラが多いです。
コメディ要素満載の恋愛ファンタジー。
楽しく読ませて頂きました。
医者が主人公ですが、読者も物語を読むことで癒されるかもしれません。

★★★ Excellent!!!

――

一話一話の完結した短さが小気味よいテンポを生み出している。

主人公ジークとそれを取り巻く劣悪な労働環境。
でも、それにも関わらずどこか雰囲気のよいこの職場は必見です。

後半の勢いは読者の読む手を離してくれません!

★★ Very Good!!

――

 ジーク先生みたいに死ぬほど忙しそうな人を見ると「自分はまだ大丈夫だな」っていう若干下衆い安心と元気が湧いてきます。凹んだ時、疲れた時なんかに本作を読むと、一種の清涼剤的な効果が得られる、かも?

 個性あふれるキャラ同士による明るい会話劇、という印象。
 会話と独白主体の文体は軽めでテンポが良く、字数から受ける印象よりも遥かにさらりと読めてしまいます。話数毎の分量も作品のリズムと合致していて、とても読みやすいです。

 スキマ時間などで楽しむにはもってこいの作品だと思います。皆様もぜひに。

★★★ Excellent!!!

――

治療魔法、医療魔法を扱う作品は数あれど、社畜の様に働く主人公は居ただろうか?

社畜の如き働く天才医療魔術を扱う主人公とその助手が取り巻く、ブラック職場の笑いあり、感動あり、休み無しな話です。

腹筋が崩壊するくらい笑いました。
通勤中に読むのは控えましょう。

★★ Very Good!!

――

病院て、こんな風景。
もちろんナースは回しげりもドーピングもしてこないけど、こんな風景。

遠き日に学生として総合病院で研修生活を送ったことがありますが(医者じゃない)、怒濤の来院者に呆然、、、
先生は神様だよ本当に。予約時間を2、3時間くらい越えても赦してよもう。
でも患者の立場に回ると、やはり二時間待たされて5分診療だったりするとムッとする、、。立場の違いですね。

そんな悲哀を感じつつ楽しめる医療ファンタジー。
同業者。かもんかもん。


1話見た瞬間,最高の出会いを予感した。
御作に改善点を挙げるとしたら,閉塞感の打破とテンポアップかと思う。

現実には90%診療所の中で収まる仕事風景だし、基本的の流れは繰り返しなのだけど。
娯楽小説として,もっともっと揺さぶり動かしまくって良いと思う。ファンタジーならではの破天荒も、かもんかもん!

キャラもすごく面白いし着眼点も好き。
今後も期待大だ!!


Good!

――

とにかく文章のテンポが良いです。すらすらと読めて、しかも楽しい。ジーク先生には気の毒ですが、クスッと笑ってしまう(しかも身につまされる)描写が多くて楽しめました。
キャラクターの容姿の説明が(おそらく故意に)省かれているのですが、それでもなんとなくこんな感じの人なんだろうなあって浮かび上がってくる。キャラクターが作者の内部でちゃんと立っているという事なのでしょう。

僕は昔、携帯電話開発の最前線にいたことがあって、似たような経験があります。仲間と一緒にあと500件エラーを直さないと出荷できない(しかもデッドラインは昨日!)って事があって、72時間ストレートに徹夜したことがありました。
その時、仲間の一人は机で力尽きて突っ伏して寝ていたのですが、寝言で「ね、眠い……眠い」って言っていたのを思い出してしまいました。
まだ連載中で完結していないようですが、完結しないでいつまでも読んでいたい、そんなお話です。(ジーク先生には気の毒ですが)。

★★ Very Good!!

――

とにかく会話の店舗がよく、面白いです。
医療魔術という特殊な分野が舞台ですが、血などの描写はないので安心して読むことができます。あ、一番痛い思いをしているのは主人公化もしれませんが。どんどん読みたくなります。

★★ Very Good!!

――

 話の進め方がテンポよくすらすらと読めて、とても面白いです。
 医療職ってどんな世界でも引っ張りだこだけど、それって人手が足りてないて意味だからね…まぁ、そうなるな。
 主人公とその助手たちのの掛け合いが見ていて痛快で、つい笑みがこぼれてしまいました。
 …医療魔術師に救いは来るのか!?

★★★ Excellent!!!

――

 1話1話が適度な長さであり、そしてテンポもいいのであっという間に読み終えてしまった。

 ファンタジーと銘打っているが、多分にコメディ要素も含んだ傑作笑劇。

 ジーク先生は本当に絶大な魔力を持っているんですかねっ!? と、疑問に思うほどオータムにこき使われていました(笑)

★★★ Excellent!!!

――

毎日投稿してくださっていたので、毎日楽しく読まさせていただいてました。ずっと続いたらいいなと思っていたので、完結してしまったーと寂しい気持ちになりましたが……完結おめでとうございます! 投稿ペースが早くて面白くて最高でした!

★★★ Excellent!!!

――

この先生凄い!
とてつもなく凄い(笑)

一話目から大爆笑しました。
読み出したら止まりませんでした!最高です!最高に面白いどストライクの作品でした!

先生とサリーのやり取りも大好きです♪
職業上相手に言ってはいけない言葉ありますよね!?でも、この状況じゃ叫ばずにはいられない!

軽快でとても楽しく読ませて頂きました!
世辞じゃなく本心でレビュー書きたくなりました!

Good!

――

大変に激務な職場とも言われる医療業界。
異世界という免罪符を手にした身も蓋もない独白がユニークです。


惜しむらくは改行後の字下げなど、小説のお約束事が徹底されていない点でしょうか。
あと、4話の恋の落ち方も少々唐突さを感じます。
せっかくの一人称ですので照れずに下心をぶちまけてほしいものです。

完結目指してがんばってください。

★★★ Excellent!!!

――

先生がんばれ!

切にそう思いました。
不眠不休で癒す先生。
その先生を寝かせないために殴る助手。
態度こそ違えど、どちらも患者さんを第一に考えている素晴らしい医療従事者だなあと感心させられました。
キャラのやり取りは素晴らしいです。
さくっと読めて、クスッとさせられました。

★★★ Excellent!!!

――

医療所中心で叫ぶ言葉「助けてください!」

恐らく「聴かなかった」「聴こえなかった」
空耳扱いされ終わりの訪れない過酷労働環境

馬車馬のごとく死ぬまで働かされ続ける毎日

強制労働と呼べない奴隷扱いが待ち恐怖生活

栄養ドリンクと危険な薬物とストレス解消法

何らかの救いがなければ精神崩壊による自死

このまま続きが更新されない恐怖感が回答編

なんて益体もない戯言が脳内に浮かんだ自分

経営者には失業保険も有給休暇も存在しない

悲しくも厳しい現実だけが待ち受けています。

※このレビューはフィクションで妄想ですw