うさぎ強盗には死んでもらう

作者 橘ユマ

512

191人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

読む人のハードルを無駄に上げたくはないんですが、二回は読みたくなる。
というかこれから書籍版読みます。

過去と現在を行き来する物語はまさにうさぎ。
あちこちを引っかき回したうさぎ強盗が最後にどうなるのか、その目で確かめてみてください。
これは、愛の物語だ。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

タブーものってやつ?
昔、辻真先先生が書いてた
主人公が犯人とか
読んでる人が犯人とかみたいに
見えないからこそできる謎ってやつですね。
筆力がないと
ただの稚拙な部分って思われてしまうところですが
意図して行っている感がしっかりあって
とても楽しめました。

ごめんなさい。
伊坂 幸太郎さんの作品を読んでないので
機会があったら探して読んでみます。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

伊坂幸太郎氏を比較に出すレビューが多いが
流石に、一線でヒットを飛ばしまくる作家と比較するのはこの作品に分が悪すぎるというのが、最初の印象だ。

あくまで、投稿サイトに投稿されたアマチュアの作品。として、私は評価させていただいた。

さすがは、コンテストの受賞作といったところだ。
まず、読みやすい。
カクヨムの画面に合わせて、段落などを分けているので、目が疲れることもなかった。
丁寧に改稿を行っている。
文章は、特におかしなところもなく、わかりやすいのがよかった。

煩わしかったのが、一話くらいで章と時代が変化を繰り返すところか。
おかげで章の分別が多くて、こんがらがった。
一個なにか起こるたびに、ではなくて。
もっとまとめて時間を動かすことも出来た気がするので、ここは残念だった。

しかし、素人とプロの狭間の作家さん作品の中では間違いなく高レベル。時間があるなら読んで、損する。ということは無い。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

上海と京都をまたにかけた大掛かりな群像劇。
騙されたい方は是非、との挑発に乗ってやって来ましたが、見事虜にされて帰ってきました。
僕にとってはカクヨムを始めようと思ったきっかけの作品でもあります。
誰にでも読みやすく、誰にでも楽しめる作品だと思い、真に誰かに勧めたい作品だと言えます。
ストーリーとトリックの関係性についても、大いに考えさせられました。
僕は自分の好きな作家さんに影響を受けすぎてしまうということを悩んでいたのですが、作者さんのコメントや作風を見ていて、それはそんなに悪いことではないのだ、と前向きに考えられるようになりました。
単純に作品の面白さはもちろんのこと、これは僕にとってはとても大きな意味を持つ大好きな作品であります。
終わりに、コンテストの大賞受賞、おめでとうございます。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました