大切で大嫌いで、そして…

作者 間川 レイ

誰にでもある劣等感。勘弁してほしいぐらい心に刺さってくる物語です。

  • ★★★ Excellent!!!

憧れに気づける場面はちゃんとあった。共に歩ける道もちゃんとあった。共に歩けなくとも生涯のライバルとしての在り方もあった。それなのにつまらないプライドや想いが邪魔をして何にも成れなかった。

素直になる事の大切さを教えてくれる――これはそんな心苦しくも心揺さぶられる素晴らしい物語です!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

白黒猫さんの他のおすすめレビュー 4