短編の中に潜む現代社会における家族の心の闇

家族への思いや苦悩がそれぞれ一人称スタイルで綴られている。
人生に挫折し引きこもる。またそれをどう打開していくかと悩む家族。
現代社会では特別珍しい話でもないのかもしれない。もちろん文章もしかりだ。
それぞれの思いがスッと入って来る。訴えるべきテーマがしっかりとした短編である。

その他のおすすめレビュー

ちびゴリさんの他のおすすめレビュー247