カクヨムで爪痕を残すためにど素人がやった100のこと

作者 月本 招

231

80人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ああ、一年前の俺がいた。
読んで欲しくて、読まれなくて右往左往しヤキモキし一喜一憂してた、書き始めた人なら皆んな一度は通る道。

これから書いてみたいっ!て人には勿論、ヨミ専の方達にも、作品の向かう側で、作者の努力や悲哀がある事を面白おかしく教えてくれます。

この作品が、「書いてみたいんだけど……」と躊躇ってたりする多くの人の背中を押し、「俺も(私も)書いてみるぜ!」と奮起した新たな作者さん達を誕生させてくれるハズ。多分。

まぁ、読むだけでも面白いので書かない人達にも、「作者も結構大変なんだぜ?」って事を知ってもらえる良作です。

★★★ Excellent!!!

この作品は初心者作家さんの紆余曲折であり、成長の物語である。ここまでくるのは本当に大変な毎日だったと思いますが、それでも継続しているのはそれほどの実力があるから。
だから今でも書いている。そう思いました。
応援したくなる作家さん、その顔が見えるような作品でした!

★★★ Excellent!!!

全部が全部、ではないですけど大抵の人なら共感を感じる内容ばかりです。

試行錯誤されてる内容も「自分もできるかな?」と思わせて…多分くれる、筈!w

唯、まぁズボラな自分には「それはちょっと無理ぽ」と思える部分もありますが(苦笑)

ーーーーー ここから蛇足[開始!] ーーーーー
というか、昨夜寝っ転がりながらタブレットで書いたコメント全部に、今日見たら全部返されていて…素直に「凄い…全部コメ返ししてる…これが1位の実力かっ!?」と思わせられました(実際には12話?まで読んでて10話までコメント付けてるだけですが…←力尽きてコメントを10話まで書いて、11~12話は多分半分寝ながら斜め読みで頭に入ってないと思われw)

んで、起きた直後、「コメント連投しやがってうぜぇっ!」って思われてたらどうしよう…と、小物っぷりを発揮してたんですが、1つ1つ丁寧にコメ返しされててホッとしてたり…(苦笑)…いえ、有難う御座います!
ーーーーー ここまで蛇足[終了!] ーーーーー

という訳で、自分の発言は兎も角、カクヨムに小説を爆撃…もとい、投函してみたいけど何したらいいかわかんない!…って人には是非、読んで貰えるといいかも知れません!(ヘルプ見てもここまで細かく説明してないですもんね…簡単な説明はあるけど)

※蛇足は個人的内容ですので読んでも読まなくても大勢に影響はありませぬw(体勢って何だよ、体勢ってw)

★★★ Excellent!!!

私も経験した事がある、カクヨムあるあるや序盤の書き方、工夫なんかが丁寧でわかりやすく紹介されていますっ!

私が読んだ中で一番わかりやすく、かつ面白いですっ!重要なポイントや読者との接し方、カクヨムの戦略についてもしっかりと書かれていましたっ!

ちなみに、私もこちらを読んで日々勉強させていただいていますw

これからカクヨムで投稿し始める、もしくはし始めたけど伸びなくて困っているという方は是非読んで見て下さいっ!

★★★ Excellent!!!

PVがない! なんで僕の作品評価されないの?
そう思っている新人! これを読め!
少し先を行っている先輩が、苦労して道を付けてくれたぞ!

あなたはその道を進めばいい。

ここは、これからのライバルに塩を送る、優しい先輩のアドバイスの宝庫!
読め! そしてなぞれ!

作品の良しあしだけでは成功できない、カクヨムの歩き方がここにある!

★★★ Excellent!!!

 まず一話を読んでみて、率直に「あ、僕もそれ思ったことある」という思いが僕の中に湧き上がりました。
 そこから最新話まで止まらずに読み、そこに書かれていたものは全て自分が過去に経験したことばかり。心が激しく揺さぶられました……
 PV0、ランキングのキャッチコピーに書かれている自分にはない「【書籍化】【コミカライズ】」の文字に打ちのめされる日々。
 僕の小説の紹介文を変更したきっかけもこのエッセイを読んだからです。

本当に、苦労しましたね……痛いほどわかります、その気持ち。

★★★ Excellent!!!

同時期にカクヨムを始めた、と知ってついつい、押しまくりました。
まだレビューが下手糞ですが、(たぶんね)レビューを書くのも練習になりますよね。もらったほうも嬉しいし、書く側も読んでいて勉強になるし。
ド素人ですが、食いつくように参考にさせてもらいました。
業が深い私ですが、何だかんだいって読むのももっと好き。

★★★ Excellent!!!

創作者たるもの一度は必ず誰しもがぶち当たるであろう『初投稿という壁』。

その体験を月本さんの視点で描かれる事で、『あぁ苦しんでいたのは自分だけじゃ無かったんだ』と思わせてもらえる素敵な評論です。

世に無数に創作論があり、どれも為になる得難いものではありますが、既に一歩を踏み出した創作者が伸び悩みに苦しんだ時、振り返り、そして同じ悩みを共有する事で次なる一歩を踏み出す為の、『カンフル剤』としておススメしたいのはこの一作です。