晴景東奔西走記 〜上杉謙信の兄に転生した男〜

作者 大寿見真鳳

1,406

523人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

気付けば上杉謙信の兄、長尾晴景に逆行転生した男。
早く景虎に当主の座を譲って楽隠居、などと言っている割にはめっちゃ働く働く。
だってまだ4番目の弟景虎が生まれてないのに、既に越後を統一したも同然まで行っちゃったし、何度も武田信玄と争った北信濃もがっちり抑えちゃったんですもの。
これは親父殿(長尾為景)が晴景の頼もしさに感激して景虎を仕込むのも忘れちゃうんじゃない?
作者様は多分ものすごく長尾為景、晴景期の国人衆のことも調べた上で書かれていると思うので、その点でも興味深く読ませていただいています。

★★★ Excellent!!!

転生歴史IFモノとして、長尾晴景を主人公に据えた選択がお見事。

とりあえず、有名な上杉謙信と親子ほども年の離れた兄、晴景を軸に据えて、しかも上杉謙信が表舞台に立つ前に大活躍させるという設定は目からウロコでした。

下克上の代表格とまで言われた強者の父、長尾為景の後、史実では穏健な政策を取った文弱なイメージのある晴景が、めっちゃ強くなって富国強兵のような過激な政策に舵を取っていたらどうなるか?という展開だけでもちょっと楽しいIFです。

その上で本作は、転生歴史IFモノの作品でよく不自然になりがちな、やや一般知識よりも専門的な難度の「現代知識の導入」と「歴史の知識」を生かした環境改善のシーンで、「なぜこの作品の主人公はこんなにも詳しい知識を持っているの?」という点の大半を、「主人公の地元愛」で綺麗に片づけていたりして、IFモノの持つ不自然さを感じにくい作りにしている点にも、今のところ好感を持っています。

今後の更新が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

戦国期を舞台にした小説は、強い兵で周辺の大名や国衆を討ち従えるストーリーが大部分だが、この作品では軍事面で強化を進めると同時に、それを支える経済の発展に力を注ぐ部分が書き込まれている。戦闘シーンも武力より頭脳を使って実利を得るスタイルで、転生物の本領を発揮している。これからもこの方向で進んでいってほしい。ところで越後を豊かな国にするのなら大河津分水や関屋分水、福島潟放水路の建設に関の廃止などにも手をつけるのだろうか。