口調は傲慢だが心優しき無私の主人公!

この話、主人公の独白は傲慢な口調なのですが、何故か行動は無私の聖人なんです。
一人称で描かれる心象はかなり傲慢な人間。攻略本片手にレベルを上げて他人を見下している様に見えます。
ところが、やっている事は偉ぶるでもなく目立たないように、かつ、見下されていても恩義のある人間には報うし、レベルが足りてない人間にはそっとサポートしている。
あまつさえシナリオを破っても人死にが出ないよう裏からサポートしていて、左うちわで一生暮らせる金があるのに「(本来他人の役目の)魔神と対峙しなければ」と命の危険を顧みずレベル揚げにいそしむ。

ざまぁも全然しない。

おまけにヒロイン(だよね?)にものすごく当たりがキツい割に秘匿されているクラス開放の情報をポンポン渡すわ、パワーレベリングさせていやな婚約から開放させても恩に着せたりしない。

行動だけ見ると無私の聖人ですよ。
(おまけにヒロインにしょっちゅう見とれてる)

こういうギャップが読んでいて楽しい。新しい主人公像でこの先どうなるか気になります。

その他のおすすめレビュー

@garbagememoさんの他のおすすめレビュー140