ダンジョン学園の底辺に転生したけど、なぜか俺には攻略本がある

作者 塔ノ沢 渓一

6,695

2,426人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この話、主人公物独白は傲慢な口調なのですが、何故か行動は無私の聖人なんです。
実際一人称で描かれる心象はかなり傲慢な人間。というか攻略本片手にレベルを上げて他人を見下している様に見えます。
ところが、やっている事は偉ぶるでもなく目立たないように、かつ、見下されていても恩義のある人間には報うし、レベルが足りてない人間にはそっとサポートしている。
あまつさえシナリオを破っても人死にが出ないよう裏からサポートしていて、左うちわで一生暮らせる金があるのに「(本来他人の役目の)魔神と対峙しなければ」と命の危険を顧みずレベル揚げにいそしむ。

ざまぁも全然しない。

おまけにヒロイン(だよね?)にものすごく当たりがキツい割に秘匿されているクラス開放の情報をポンポン渡すわ、パワーレベリングさせていやな婚約から開放させても恩に着せたりしない。

行動だけ見ると無私の聖人ですよ。
(おまけにヒロインにしょっちゅう見とれてる)

こういうギャップが読んでいて楽しい。新しい主人公像でこの先どうなるか気になります。

Good!

最序盤は攻略本に書いてあることが物語に加わってくるのかと期待できた。
ただ、進むとただの原作知識チートで最強、ハーレムとテンプレ展開しかない事に気づく。

攻略本要素どこいった?ってなります。

でもまぁ、それでもテンプレなりにしっかり味付けされていて面白かったと思います。

★★★ Excellent!!!

辞書のように引いてみる。出会った日。何時の本。攻略本と遭遇の時、先か後ろか? 知恵を思い出す。魂鮮やか色よりマブいキミがいる。
攻略本。ソフトは高いので僕は攻略本ばかり読んでいました。
どう攻略するか、ワクワクです。人の想いか動きか。景色が特筆される。

★★ Very Good!!

ヒロインの性格も主人公の性格もめんどくさいと思いながら読んでて、レビューや応援コメントでそれを変えた方が面白くなると思うよーって言おうと思ってたんだけど、ここまで自分の書こうと思った作品を書こうとする作者さんは凄いと思いました。
石の上にも三年。最初は変えた方がいいと思っていた辛かった性格も読むにつれて慣れて面白いものとなりました。
オススメの作品です。

★★★ Excellent!!!

流行りのモブ転生物で知識チートを使って成り上がる物語
チートでもちゃんと努力を重ねて、強くなるのに理由があるのですごく読みやすい

ヒロインはツンデレ貴族なご令嬢、主人公とのやり取りは独特で結構好き
ただ主人公がクール系な上に攻略本を使った自己研鑽に忙しいのでラブコメ要素はちょっと薄いかも

レビューを見て読んでみたら思ったより面白かったので1度目を通してみるのオススメです

★★★ Excellent!!!

レベル、強さがほぼ絶対的な基準である世界に攻略本一冊もって転生するお話。
今のところ、攻略本の出来は良さそうに見える。
ちょっと説明不足かなー、と思うところはあるものの異世界転生系をある程度読んでれば補完できると思う。
面白かった。一気見してしまいました。ハクスラって良いよね。
主人公の取り繕ったような傲慢ムーヴも世界観と、昭和にダンジョンが出来たっていう設定とよく合ってると思う。
今後が楽しみな作品です。

★★★ Excellent!!!

最近流行っているモブキャラポジでゲームに転生

ゲーム中最弱のキャラに転生し、なおかつ主人公は別にこのゲームをやりこんだわけではなく転生初期位置に不自然に置かれた攻略本のみが唯一の希望
他のモブ転生モノではあまり見ない開幕ハードモードものなのが面白そう