前世の知識は預言なの? イタリアに転生したのに中世だからピザがない!トマトを求めて新大陸を目指します

作者 宇佐美ナナ

歴史知識なしの過去転生での知識チートのお手本

  • ★★★ Excellent!!!

魔法のある世界での知識チートはよく見かけます。

火魔法だったり、水魔法だったり。
燃焼の知識や物理法則をもっともらしく語って魔法でチートを達成する。
こんな小説は飽きるほどみてきました。

あるいは、歴史改変ものでは、歴史の授業で習ったような知識を使っての知識チートを行っています。
それは皆さまお馴染みの桶狭間だったり、本能寺の変だったり、黄巾の乱だったりするわけです。

ですが、そんな知識が役立たないような時代に放り込まれた主人公はどう知識を活用すればよいのでしょう?

この小説は魔法のない世界で現代知識がどのくらい利用できるかのお手本になるのではないかと思います。

知識チートとはなにか。それが気になる方は、読んでみてはいかがでしょうか。
読む時間を割く価値があると思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー