前世の知識は預言なの? イタリアに転生したのに中世だからピザがない!トマトを求めて新大陸を目指します

作者 @UsamiNana

185

70人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

魔法のある世界での知識チートはよく見かけます。

火魔法だったり、水魔法だったり。
燃焼の知識や物理法則をもっともらしく語って魔法でチートを達成する。
こんな小説は飽きるほどみてきました。

あるいは、歴史改変ものでは、歴史の授業で習ったような知識を使っての知識チートを行っています。
それは皆さまお馴染みの桶狭間だったり、本能寺の変だったり、黄巾の乱だったりするわけです。

ですが、そんな知識が役立たないような時代に放り込まれた主人公はどう知識を活用すればよいのでしょう?

この小説は魔法のない世界で現代知識がどのくらい利用できるかのお手本になるのではないかと思います。

知識チートとはなにか。それが気になる方は、読んでみてはいかがでしょうか。
読む時間を割く価値があると思います。

★★★ Excellent!!!

 現代から中世の北イタリアのトリノ辺境伯の四男ジャン=ステラに転生した主人公が、美味しいピザを食べるために新大陸を目指す歴史改変ストーリーです。

 生まれた日に星が輝き、神の言葉を代弁する預言者の誕生として聖職者たちを騒がせたジャン=ステラですが、中身は普通の現代人。

 まだ発見されていないアメリカ大陸を目指す理由が、トマトやトウモロコシ、ジャガイモが食べたいからという食い意地のはった理由なのが可笑しいです。

 大型帆船を建造する資金を得るため、現代知識を活かして金儲けのアイデアを捻り出す息子に父のオッドーネと、母のアデライデは戸惑いつつも、トリノ辺境伯家の発展のために彼の知識に頼るようになり……。図らずも歴史の針を早回しするジャン=ステラの行動は思わぬところに波紋を広げていきます。

 言語や宗教、民族、文化、そして国際情勢、当時の時代観が描かれていて、歴史の解説本を読んでいるかのようです。

 幼くして即位したハインリッヒ4世によって揺れる神聖ローマ帝国の中でジャン=ステラが如何に立ち回るのか、今後の躍進に期待です。


(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲 優詩)