影の煩い、色の彷徨い

作者 伍拾 漆

色と感情をテーマにした作品

  • ★★★ Excellent!!!

緻密に設定が決まっていて設定集や登場人物一覧を読むだけでも楽しめる。
情報量が多いのでその分さらっと読めるタイプではないですけど、何度も読み返すうちに没入感が出てくる作品です
普段はあまり気にしない色という存在を考え直すきっかけになるかもしれません

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

くずもちさんの他のおすすめレビュー 57