冬北高校こたつ部日誌 令和

作者 かぎろ

62

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

こたつでぬくぬくすることを目的とした部活にまつわる一冬のラブコメです。
フフッと笑えて、愛らしさに心を解きほぐされて、素晴らしい物語です。

冬北高校に連綿と受け継がれてきた「こたつ部」。部員は当代部長の熱騎(あつき)君と後輩のぬくもちゃんの二人きり。だからと言って、寂しいことはありません。二人がお喋りしたり、しなかったり、熱騎君がぬくもちゃんに蹴られたり。二人の日常は平穏ながらも楽しくて、『ああ~俺もこんな高校生活が送りて~』のレベルは99、カンストです。それだけじゃありません。冬北高校には、こたつ部を筆頭とした不思議で面白い存在――〝七十七不思議〟――が山ほどあって、突然彼らを訪ねてきたりします。更にはメチャメチャキャラの立った卒業生や、新入部員なんかもやってきて、本作を明るく元気に盛り立てています。そんな風に穏やかだったり、賑やかだったりと、メリハリついて面白い本作。とんでもなく勢いのあるギャグから、変でシュールだけどほっこり落ち着くような可笑しみまで色とりどりに取り揃えて、笑えること、笑えること。

また、同時に部員達の人間ドラマとしても逸品。ヒロインであるぬくもちゃんは、人見知りで他人が苦手。熱騎君とか心を開いた相手には結構グイグイ接することができるけど、クラスメイトとか知らない人とは難しい。熱騎君はそんな彼女を受け入れて、その上で先輩として何ができるか考えている。先輩として、部長として、残せるものとは。ぬくもちゃんもまた、これから先輩となり、部長となること、その意味や責任、そして自分の気持ちについて考えている。別に重ったくなる程その悩みが語られることはありません。ただ、確かに過ぎて行く日常、近づいていく熱騎君の卒業。そのゆったりだけど決して止まらない流れの中で、二人も変わりゆくことを認め、生きていく。そんな愛らしい二人が本作では何と…………どうなっちゃうの!!… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

こたつ部。放課後にこたつに入ってぬくぬくする部活。そこで繰り広げられるラブコメです。

こたつ部員である熱騎先輩と後輩ぬくもちゃんのラブもかわいいのですが、そこに訪れるいろんな人や人じゃないものがもうほんとコメ。みんなへんてこでおかしいのに、かわいくて愛せる。読めば必ず好きなキャラができるはず。
毎話笑ったりどきっとしたりじーんとしたり笑ったり、本当に楽しい気持ちになれます。

コメではちゃめちゃになった世界の中で、熱騎先輩とぬくもちゃんのラブはぬくぬくと育まれていくのです。おもしろおかしい展開の中で、少しずつ変わっていく二人の関係がラブのラブでとても良きでした。
楽しいラブコメが好きな人なら100%楽しめると思います。ぜひこの「かわいい」と「おもしろい」をめちゃくちゃ浴びて、作者さまのファンになってほしいです。

★★★ Excellent!!!

熱騎くんとぬくもちゃんの
こたつで暖まりながら繰り広げられるのんびりしたやり取りに
毎話毎話笑いが止まりません

こたつ部を訪れる人々(?)も
みなユニークな人ばかりで楽しいです

短編かつ前作を知らなくても
読めるので読み始めやすいのも
いいなあと…ここまで読んできて
思ったりしました。