freiheit-フライハイト-

作者 石濱ウミ

幸せを感じる器官

  • ★★★ Excellent!!!

人は心で以て幸せを感じる。
何気ない一瞬に幸せを感じるとき、心が暖かいと我々はいう。
では、心とはなんだ。
感じるとは畢竟、脳内物質の分泌であり、究極的には脳だけがあれば、容れ物たる肉体が失せても、人は個人として生きていける。
人固有の思考・嗜好はすなわち脳内物質の多寡であり、肉体は脳の命令通りに動くだけなのだから。
むしろ肉体を無くせば、怪我や病気、外見による差別などという煩わしさから解放されて自由な生涯を送ることができる。

本当に?

短編と侮ることなかれ。
私はこの一万字に、人生の普遍的な命題を確かに見た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

沖綱真優さんの他のおすすめレビュー 207