青空の下でひとりごと

作者 烏目浩輔

聞こえないけれど、ちゃんと伝わっているよ。

  • ★★★ Excellent!!!

 主人公は会社勤め。いつも昼は一人でコンビニで済ませていた。
 そんな主人公を見つめる女の子は、いつもただじっと見つめるだけ。追い払っても駄目なら、ということで招いてみると、隣に座った。
 そんな女の子に母性本能をくすぐられた主人公は、菓子を女の子に買い与えたり、一緒に赤いきつねを食べたりするようになる。
 しかも、この女の子にはある秘密があった。

 果たして、女の子が抱えている秘密とは?
 言葉に表せないものでも、その温かさはちゃんと伝わる。
 そんな温もり溢れる一作です。

 是非、御一読下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

高校を中退し、友もない孤独のОL(葵)は、公園でぼっち食をしています。そこで、耳の不自由な少女(小学生)と出会います。彼女は、おそらく学校にも、病院にも行っていないようです。言葉遣いがうまくできませ… 続きを読む

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 942