このレビューは小説のネタバレを含みません。でもウソは含みます。

つまらない疑いからは何も生まれないというのに、なぜ心なき読者は、何の証拠もないのに盗作などパクリなどと罪もない作家を責めるのでしょう?
皆さんは当然ご存じでしょうが、この作者さんはここに書かれている以外にも、まぎれもない本人オリジナル作品であるのに理不尽な疑惑をぶつけられていました。
前世においてはすべてのロボアニメの祖であるテッコンZへの非難、また幼年時代においてはジャングルキングをめぐるディズニーとの法廷対決、最近ではカクヨムでもお馴染みの転生八女への疑惑。私も同じ創作者としてただ非難するだけのアンチには憤りを覚えております!
そう、他ならぬ作家本人様が盗作ではないと言うのなら、人の心があるならそれを信じるべきではないでしょうか?
ぜひ、この作家さんの心の叫びを受け取ってください!
ウソをウソだと読み取れて、でもウソだと分かった上で楽しめる人にオススメ。
1読/1完にてレビュー。
それにしてもこの作家さん、ヘンなロールをしてて面白いなあ~

その他のおすすめレビュー

尻鳥雅晶さんの他のおすすめレビュー702