夜道を歩く時、彼女が隣にいる気がしてならない

作者 正雪

赤い服を着た女。総てはそこからはじまる。

  • ★★★ Excellent!!!

こういう科学的側面から探っていく怪異譚好きです(まだまだ序盤ですので見当違いだったらすみません)
今後彼らがどんな異界に足を踏み入れてしまうのか?
興味がつきないです
文章もきれいでとても読みやすいのでホラー初心者の方でも愉しめるんじゃないかな?と思います
続きを愉しみに待ちます

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

梅星 如雨露さんの他のおすすめレビュー 19