七不思議プロデュース大作戦

作者 無月弟

114

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

非常に面白く読ませていただきました。

本作は著者自ら言うように、コメディ作品です。
その昔どこの学校にもあった七不思議、ノスタルジックに浸るかなあとか。そうは言っても怪異を語る以上どうあっても怖くなるよなあとか。そんなことは一切ありませんでした。
主人公の発言一つ一つが面白く、テンポも良いのでサクサク読めます。
そして、最後のオチ。
七不思議の7番目を知ったとき、不幸になる……。
一体誰が不幸になるのか……。
想像すると、ゾッとしますね(笑)。

★★★ Excellent!!!

学校の七不思議って怖い、……はずだよね?

『七不思議の怪異達が音楽室に集まって会議をする』という言い伝えを耳にした麗子さん。
彼女はスゴ技を駆使して学校に忍び込みます。
そこにいたのは、噂どおりの彼ら。
ところが、麗子さんはなぜか憤慨してしまいます。
その理由と麗子さんが何をどうプロデュースするかは、読んでからのお楽しみ。
意外なラストが待ってます。

★★★ Excellent!!!

運営さん、マジでお願いします!
これはもう絶対にコメディなんですよ!信じてください!

え?七不思議なんだからホラーでしょ、って?
違うんです!信じてください!コメディなんです!!

だってそもそも七不思議って、普通はプロデュースしようって発想に至りませんからね?!
七不思議なんてものはね?普通はひそひそ噂して、キャー怖いわねー、とか、怖いけど今夜確かめに行ってみない?みたいな流れで、止せば良いのに結局怪異に巻き込まれて、お前自身も七不思議の一つになるんやでエンドとかでね?ぞわっと怖くなる、みたいなそんなオチのはずなんですよ!

と こ ろ が ! 

怖くない!
怖くない、っていうか、確実に笑いを取りに来ている!!

だとしたらこれはもうジャンルとしてはコメディですから!

だから「えー、七不思議かー。アタシ、怖いのはちょっとねー」と思ったそこのアナタ!大丈夫です!全然今日のお風呂も怖くないですし、一人で寝られますし、カーテンがちょびっと開いててもヨユーのよっちゃんです!

そんな七不思議のお話です!(相変わらず一つも伝わらないレビュー)

★★★ Excellent!!!

オカルトマニアの女子高校生がわくわくしながら七不思議の会合を覗いてみると……。
そこにいたのは、怖くない七不思議ばかり。

このままではいけないと、気合を入れてプロデュースに乗り出しますが……。
さて、どんな結果が待っているのか!?

結末はどうぞ読んで確かめてみてください!(≧▽≦)