令和欲張りギャグコメディ「しまづの県」

作者 郭隗の馬の骨

128

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「歴史なんて、大嫌い!」

学生時分は日本史も世界史も赤点ギリギリ。そんなワタクシは読者としてもこれまで歴史モノにはまったく手を出しませんでした。

片やコメディやギャグパロ作品は大好物。そこへ本作が投稿され、手を伸ばしたたワケでございますが……

(ナニコレ!? めちゃくちゃ面白い!)

読めば読むほど気になる史実。はやく先の展開が知りたい!
そう思い。クスっとしたりして楽しみながら、いつの間にやら島津の歴史を自らどんどん掘り下げて、すっかり島津とその周囲の歴史をも紐解き、気付けばどっぷり浸かっておりました。

歴史に苦手意識を持っている、ワタクシと同じお方。
そんなお方へ向けて、これでもかとハードルを低くした島津愛溢れる作者様渾身のギャグパロディ。

関係各位(子孫の方々など)面々の顔色もうかがいつつ綱渡り。
針に糸を通すようなギリギリを攻めて行くスタイルが実にお見事!

本作は想像するに、親子で映像化されたものを観てもまったく問題ない配慮もされている、やさしさと楽しさ溢れる素晴らしい作品でございます。

歴史が苦手な大人も子供も、やさしく手引きしてくれて、楽しく歴史が学べる。
お子様がおられる方々へもオススメできる至高の作品であります!

アニメ化したらワタクシの息子らにも観てもらいたい作品ナンバーワンです!

★★★ Excellent!!!

以前よりこの作者さんのファンでありますが、良い意味で作者らしさを感じさせる素敵な作品でした。
もし、島津愛を楽しく感じたいのであれば、一度読んでみてはいかがでしょう!


あと、個人的には2033年に島津義久生誕500周年記念作品って形でこの作品を何らかの形で映像化してもらえないかな?と思う次第です。

★★★ Excellent!!!

本作は現代日本を舞台として、戦国の雄・島津四兄弟をモチーフにしたキャラクターたちがあれこれする物語です。

島津のNHK大河ドラマ誘致を推進する作者が、島津家や縁の土地の魅力をパロディで伝えてくれます。
島津が好きな方にも、これから知りたい方にも、特に興味がない方にもお薦めの作品です。