帰れない、夏

作者 上田 直巳

駆け抜ける時間のどこかに置いてきた、大切な思いが夏の風景とともに甦る

  • ★★★ Excellent!!!

日常に疲れてしまった主人公が、知らない駅で電車から降り、知らない道を歩き出す。
そこに広がる「夏祭り」の風景は、彼がどこかに置いてきてしまった大切な時間を思い起こさせる。
走り出す記憶。淀んでいた時間が再び流れ出す。

淡々としながらも美しい言葉の数々が、鮮やかな映像を映し出してくれます。
ルーティンのような日常のひととき、ふと足を止めて、ふと電車から降りて。
忘れていた大切なものを、一緒に捜しにいってみませんか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黒須友香さんの他のおすすめレビュー 940