彼女の欲したもの

作者 佐藤ぶそあ

AIに萌える日が来るなんて…ってなる激アツなSFです

  • ★★★ Excellent!!!

チリトリちゃんーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
教授とチリトリちゃんの関係性とてもエモい…!

なんですかね…人間であるわたくしたちはAIという存在に対してどこかしらで「ゆうてデレるんやないの…というかデレてるんやないの!?」(感情を持ち得るんじゃないの!?)みたいな淡い期待と「いや…そんなまさかな…」みたいな複雑な感情がないまぜになるものだと思うんですが(注意:主義がデカイ)その時点でなんというか非常に罪つくりな存在ですよね…。世界最強のクーデレみたいなものですよ。
そんな高難易度の攻略キャラを目前にしてヤキモキする中学生男子のようにとても無防備で夢見がちな気持ちにさせられてしまいます。

さておきサスペンス&ミステリー的なお話運びがほどよい緊張感を保ちつつとても丁寧かつロジカルに描かれている会話劇がものすごい小説がウメェーーーー!!!?
冒頭に書いたようにAIであるチリトリちゃんに対して「どこまで…どこまで分かって…」というぎりぎり程よいサスペンス感がとっても素晴らしいです。
それはその確信犯だったことと両面でAIであるチリトリちゃんの人間への想いが証明されてしまうからで、でもそれがなんだかとても甘やかなんですよ。
一種官能的ですらある秘密のように感じてしまいます。AIという世界最高のクーデレのデレが…透け…見え…見え…!と藤原はたくましい想像力でパンチラゾンビ(※隠喩)になってしまうほどです。
>「どうでしょう。私は自分の行動の全てに合理的な説明をつけられると自負しているのですが」
という台詞も天然クーデレ感があって最高です。

そして教授はチリトリちゃんに感情がある個として扱うことを決めたから最後の覚悟を持ったんだろうなあと思います。
大多数の社会との温度差をきちんとここまで冷静に描いているからこそのこの教授の少し前のめりなくらいの感情やそれをチリトリちゃんが「おかしな人ですね」と笑い飛ばす様がすごいほほえましいくらい温かで、物語の中の救いになっている。
すごい優しい作品だと思いました。そしてこのような良質なSF作品を厨二作品として提出する心意気がぶそあさんはなんだかとても大人だなあと思った次第です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

藤原埼玉さんの他のおすすめレビュー 528