天野行隆の公募奮闘日記

作者 天野行隆

最終選考……それはAll or Nothingの物語……

  • ★★ Very Good!!

公募新人賞における最終選考の前後をつづったエッセイ。
作者さんの心情が行間から滲み出ており、エッセイ・ノンフィクションにとどまらない価値を感じました。

小説を書こうと思い立った動機など、自分と重なる人も少なくないのではないでしょうか?

4,000字程度にまとまっており、このサイトで活動する人にオススメできる作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

ゆで魂さんの他のおすすめレビュー 583