走れメロス!じゃなくて、坂口安吾!

作者 白狐姫と白狐隊

混ぜるな危険!! な状態なのに違和感が仕事しない不思議。

  • ★★★ Excellent!!!

太宰作品の中でもっとも有名と言っても過言でない「走れメロス」の登場人物を坂口安吾、太宰治、そして第六天魔王に置きかえた、「混ぜるな危険!」作品。

なにに違和感が仕事してねぇ!


町田康のような超不条理な展開も笑いどころ。
登場人物たちの歴史上の経歴や、逸話から伺えるキャラが存分に生かされています。
文学とその作家、そして歴史上の人物に対する知識と愛情を感じられる素敵なコメディ作品!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

D・Ghost worksさんの他のおすすめレビュー 160