異世界ウォーキング

作者 あるくひと

各テンプレ要素がバランス良く展開されている異世界召喚系小説

  • ★★★ Excellent!!!

※112話読了
よくあるテンプレ要素がバランス良く展開されている異世界召喚系小説。

ウォーキングという注目して読み始めたが、全面に押し出されているわけでもない。ウォーキングは異世界を旅する必然性に上手くつなげた感じで、生産職寄りというか、戦闘以外での成長の仕掛けとして利用されているように思う。

個人的には妹(庇護欲)系要素が好みです。
この要素が全面に出過ぎてもダメで、これくらいがいい。

(雑記)
細かい表現で気になったり、わかりにくいところがあるのは確かで書籍にするなら変えて欲しい箇所はある。けど、商流に乗せているわけでもないし。それよりも偶然と必然のバランスの方が大切。闇魔法の登場のタイミングとか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

コケッコゥさんの他のおすすめレビュー 90