高校生小説家が現役トップアイドルと付き合う裏事情

作者 鹿野月美

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全101話

更新

  1. Prologue
  2. 桜の香りがちくりと刺してくる事情
  3. Lesson1: 彼女たちのアイドルデビュー
  4. Green eyes monsters
  5. 甘いコーヒーを飲んでも太らない事情
  6. 学校で伊達眼鏡が必要な事情
  7. 深夜零時にアイドルから呼び出される事情
  8. アイドルが彼氏を手に入れたい事情
  9. 女優がアイドルを目指す事情
  10. アイドルが午前二時に電話をかけてくる事情
  11. デビューライブ開演!
  12. 桜の香りが湿っている事情
  13. 小説家が芸能界にスカウトされる事情
  14. アイドルのデビューライブが開演する事情
  15. アイドルが歌の練習をし続ける事情
  16. ステージの波長が少しだけ合わない事情
  17. アイドルが自己紹介をする事情
  18. Lesson2: 小説家としての日常と非日常
  19. 始まったばかりの高校生生活
  20. 新人作家がラノベを書き始めた事情
  21. 小説家が若手女優を描く事情
  22. 登校中のアイドルに声を掛けられる事情
  23. アイドルがファッションセンスを気にする事情
  24. 高校生作家が言い訳をできない事情
  25. トップアイドルが機嫌悪い顔を見せる事情
  26. 連休前のざわめき
  27. 流れ始めた噂の事情
  28. アイドルが白馬に乗った王子様を夢見る事情
  29. ファンがアイドルの声を掻き集める事情
  30. アイドル二人に囲まれて硬直してしまう事情
  31. ライブの演出を打ち合わせる事情
  32. アイドルが観客に魅せる笑顔の事情
  33. ライブツアーで起きた涙の事情
  34. 舞台袖でアイドルが項垂れる事情
  35. アイドルのオンステージを採点する事情
  36. アイドルが空気を読む事情
  37. 二人で新しいステージを作り上げる事情
  38. ステージの色が変わる予感のある事情
  39. アイドルたちが高級焼肉屋で打ち上げをする事情
  40. Lesson3: 変わり始めた緑の色合い
  41. 三人が向かう先
  42. 謹慎処分中のアイドルから電話がかかってくる事情
  43. じゃじゃ馬が暴走する事情
  44. アイドルが喫茶店で弱音を溢す事情
  45. 雨の音が喫茶店に響く事情
  46. 雨と一緒に溢れ落ちる本音と涙の事情
  47. ケーキと紅茶の組み合わせが甘苦い事情
  48. 名古屋という舞台
  49. お姉ちゃんには負けないもん! 〜みくらじ生放送〜
  50. アイドルが新幹線グリーン車に乗る事情
  51. アイドルたちがきしめんを食べる事情
  52. きしめんが冷たくなってしまう事情
  53. 高校生作家が純愛ラノベを描く事情
  54. アイドルが漠然とした孤独に悩む事情
  55. 涙の理由
  56. アイドルたちがライブで観客を熱狂させる事情
  57. アイドルが名古屋めしの話をする事情
  58. アイドルが名前で呼んでほしいと訴えてくる事情
  59. 名古屋のテレビ塔がアイドルを照らさない事情
  60. 一方通行の行き止まりでアイドルが立ち止まってしまう事情
  61. ep1. 高校生作家が次回作を思い描く裏事情
  62. 〜間奏曲〜
  63. 名古屋の夜景が遠くに見える事情
  64. Lesson4: 女子高生推理作家の忙しい毎日
  65. 秘められた想い
  66. 女子高生推理作家が大船の喫茶店を訪れる事情
  67. 女子高生推理作家がカエルまんじゅうを買う事情
  68. 女子高生推理作家が次回作のメインヒロインを想像する事情
  69. 女子高生推理作家が殺人現場を妄想する事情
  70. 女子高生推理作家が千円札に指紋を残さない事情
  71. 推理作家とアイドルと小田原の海
  72. 女子高生推理作家が幼馴染を苦手とする事情
  73. 女子高生推理作家が頭の中で人を刺し殺す事情
  74. 女子高生推理作家も殺される事情
  75. アイドルがステージ上から団扇の数を数える事情
  76. アイドルが猿山の前で変装をする事情
  77. アイドルが城下町のコーヒーの香りに惑わされる事情
  78. Lesson5: 旅立ちのとき
  79. リーダーとしての素質
  80. アイドルがライブ前日に議論を交わす事情
  81. アイドルが自分の名前を拒む事情
  82. アイドルが自分のパートナーを探す事情
  83. コーヒーの苦味が唐突に変化する事情
  84. 天の川と雪が対比となる事情
  85. 電話の向こう側でアイドルが殺人犯になる事情
  86. 狂い始めた日常
  87. ステージにひとり取り残される事情
  88. ライブ前日にプログラムを修正する事情
  89. 冴えないアイドルが学校で騒がれてしまう事情
  90. 女子高生アイドルと女子高生推理作家を比較してしまう事情
  91. 女子高生推理作家が彼の作品でときめく事情
  92. 高校生たちがそれでも小説を書き続ける事情
  93. 推理作家としての過去とアイドルとしての今
  94. アイドルがスイーツ喫茶に呼び出される事情
  95. アイドルという職業がお仕事だと断定する事情
  96. 子役タレントの少女が覆面作家の道を選んだ事情
  97. 女優の正体に女子中学生作家が気づかない事情
  98. アイドルと女子中学生作家が距離を遠く感じる事情
  99. 女子高生推理作家がもう一杯のコーヒーを味わう事情
  100. Lesson6: 短冊の裏側
  101. 女子高生作家の七夕の願いごと
  102. 七夕ライブ! 〜ところでマナはどこいった!?〜
  103. 二人のライブがなぜか漫才ライブになる事情
  104. アイドルたちが打ち上げで口論をする事情
  105. アイドルが社長の前で杞憂してしまう事情
  106. 苦めのコーヒーが女子高生作家を異空間へ誘う事情
  107. 女子高生作家と男子高生作家が梯子を外される事情
  108. 御咲と愛花、そして夏乃
  109. 女子高生作家が担当編集に身代金を要求される事情
  110. 女子高生アイドルが女子高生推理作家に宣戦布告する事情
  111. アイドルが浜辺に手紙を書く事情
  112. 土砂降りの喫茶店で鳩時計が二十三時を告げる事情
  113. 男子高校生の家で女子高生推理作家が怯えてしまう事情
  114. 女子高生推理作家がカミングアウトをする事情
  115. 未来へのライブ
  116. 女子高生アイドル殺人事件 〜とあるライブのイントロダクション〜
  117. 女子高生アイドルが徹夜で決断を下した事情
  118. 横浜の夜で自己紹介の時間が長くなる事情
  119. アイドルが女子寮の部屋から出られない事情
  120. アイドルたちが台本の台詞を言えなくなってしまう事情
  121. 三人の未来を願う事情
  122. Epilogue
  123. ep2. 悠斗の裏事情
  124. ep3. 御咲の裏事情
  125. ep4. 愛花の裏事情
  126. ep5. 夏乃の裏事情