エピローグ


 男が寝室の東向きのカーテンを開けると、朝の光が一気に洪水のように部屋に流れ込んできた。


 夜中にリビングで、うたた寝から目を覚ました時、なにか残り香のような――つい今しがたまで自分以外の誰かがすぐ側にいたような……そんな気配を感じた。寝ぼけているのだろう……と寝室に向かいベッドに倒れこんだのを思い出し、首をかしげた。


 男は光があふれる部屋の中で、目を細めながら伸びをした。

 その時、最近いつもあるわき腹の違和感が消えていることに気付いた――。


 色々とおかしな朝だ……、ずいぶんと懐かしい夢も見た。

 ほんとに懐かしい頃の――。


 男は苦笑いを浮かべながら、もう一度首をかしげた――。


 



 ――――医師は沈痛な面持ちで、ある女の親族とおぼしき数人に臨終を告げていた。


「苦しい治療に耐え、よく頑張られました。私どもも全力を尽くして参りましたが……、残念です。心よりお悔やみ申し上げます」

 そういって医師と傍らの看護師は、頭を下げた。


 親族は深く頭を下げ、一人が礼の言葉を口にした。


「先生のおかげです……本当にありがとうございました。昨日までは見ている私たちも苦しくなるほどだったのに、今はこんなに―――」

 そう言って言葉を詰まらせた。



 ほんとうに不思議だ――医師も想う。

 壮絶な痛みを伴う治療だった。医師として歯がゆく思うが、現在はそれしか治療法がない。多くの場合、その苦しみは臨終の際の顔に残ってしまうのだが……。


 それと――。


 数時間前、無駄とは知りつつ最期の触診をした。もう腹水がたまってどうしようもない腹部にふれたとき、昨日まではなかった新たなしこりがあった。長年の経験が、即座に良くないものだと指に告げた。

 たった一日で、なぜ……そんなことが起こるはずはない……。

 その疑問は自分の胸だけに納めた――。

 この期に及んで親族に、患者の体に新しく不穏なものができたなどと告げる事はなかろう……と。





 ――――医師と親族が去った病室に、看護師は一人残った。


 そして送り出す準備に入る前、遺体に手を合わせた。


 ほんとに昨日までのお顔とは別人のよう………と、女の顔をしみじみと見つめた。




 病室の窓から、やわらかな陽光が射し込み――女の顔を彩るように淡く照らしている――――。



 永遠の眠りについたばかりの―――願いが叶って安心したような――どこか微かに笑みさえ浮かべているような――女の穏やかな顔を―――。





                     (了)





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

最期の贖罪 雨月 @ugetu0902

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画