最期の贖罪

作者 雨月

168

58人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ある一人の女性がかつての恋人と再会したとき、恋人との思い出が語られる。

それは過去の後悔と懺悔。

彼女の悲痛な叫びに心を締め付けられてしまうはずです。ある人はお前が悪いと女性を批判するかもしれません。今更後悔しても遅いと見捨てるかもしれません。
それでも償おうとしている彼女の邪魔をする権利は私たちに無く、結末を見守るしかないはずです。

彼女の人生の中では一瞬だけの出来事、その一瞬を鮮明にそして生々しく描いていて、深く考えさせられる物語です。結末はぜひ読んで確かめて欲しいです。

タイトルの『最期の贖罪』の意味を知ったとき、私は自分のこれまでの人生を振り返ってしまいました。