片隅の敗北救世主

作者 よすが 爽晴

やめられないとまらない

  • ★★★ Excellent!!!

金、時間、労力――あらゆるものを費やし、犠牲にして走り続けた俺。
その結果に手に入れたもの、そして見つけたものとは――。

読んでみると意外とコメディでした、という作品。
『上』の人たちのリアルを垣間見たようで、むしろ感心します。そこまでするのか。
まあだからこそ、どこまででも目的のもの目指して突っ走れるのですね。

泥沼に道などないと、誰が決めた?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

和成ソウイチさんの他のおすすめレビュー 38