全員犯人殺人事件

作者 本庄 照

127

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ミステリーとはそもそもが罪深き愉しみだと思います。
人の死をパズルのように弄び、読者の知的好奇心を満足せしめることを目的としたジャンルなのですから。

そうであればこそ、書き手の良識が試されるジャンルでもあります。
倫理的に正しいことしか書いてはいけない、ということではなく、エンターテインメントとして読者を不快にさせない配慮があるべきということです(もちろん、誰も不快にさせない作品はあり得ませんが)。

人間の暗部を描きつつそれを反面教師とし、探偵の「説教」で帳尻を合わせるのもひとつのスタンスでしょう。
また、そもそも殺人を扱わない。いわゆる「日常の謎」に終始させる――というのもひとつのスタンスです。

しかし、この作品は第三のスタンスで書かれています。それは、どういうものか。
端的に言えば「ブラックコメディ」ということになります。
作中で行われる不道徳、犯罪行為を黒い笑いに包んで描いているのです。

ミステリーにはたしかにそういう伝統もあり、いわゆる「バカミス」と呼ばれる作品はしばしばそういう不謹慎な笑いを伴います。
露悪的なまでの人間の悪性の強調、デフォルメ、それがもたらす笑い。
また、「ミステリーとはこういうものなんだよ」という自虐の笑いでもあるでしょう。

フィクションとはいえ、人の死をネタにして愉しんでしまえる不謹慎さ。
それもまた人間の一面であり、無視できない一面でしょう。
そうした一面を認め、取り繕わない潔さがこの手の作品の魅力だと思いますし、それはそれで良識的なスタンスだと思うのです。

この作品では、探偵役にあたる人物が私欲にまみれた行動をとります。謎は余さず解決されても、裁かれるべき罪は裁かれず、いわゆる「詩的正義」は最初から放棄されています。
しかし――これは個人的な感想ですが、書かれている内容がどれだけ不道徳でも笑って受け止められ、最後まで気持ちよ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

いやー、笑いました。
読んでる間じゅう、ずっとじわじわじわじわ笑ってました。

「全員が犯人」だからこそ発生する、シュールな会話やモノローグ。
それぞれがいろんな手段で殺人を行っていて、殺害方法の見本市みたいでした。
主人公なんて、自分が仕掛けた殺人装置にダメ出しされて心に傷を負っちゃうし。

しかし何より凄いのは、これがちゃんとしたミステリとして成立していること。
伏線の回収も素晴らしいです。さすが!

ラストの一文まで最高でした。
みんな一緒なら怖くないよね!
めちゃくちゃ面白かったです!!

★★★ Excellent!!!

この作品、何とバカミス。カクヨムでもあまり例を見ないのではないでしょうか(当社調べ)。
バカミスって何? という人のために簡単にお話しておきましょう。
バカミスとはつまり「そんなバカな?」となるミステリーの意味で、いわゆるギャグもの。謎を解く論理性よりも「んなアホな?」という意外性に重きを置いた話です。

探偵「あなたが犯人です」
A「私がやりました」
B「私もやりました!」
C「いや、実は僕も……」
D「違う! やったのは俺だ!」
E「探偵さんも現場にいたのでは?(俺もやってんけどな)」
探偵「まぁ、刺しましたよね実際」

そんなTwitter上でのやりとりが元で生まれたようです。
……何これダチョウ倶楽部? 

さて、本作はレビュータイトルにも書きましたが「何で殺したのか?」というミステリー。いや、whyじゃないんです。whatです。whatの「何」。つまり「なんで(why)殺したか?」じゃなく、「なにで(what)殺したか?」です。

そうです。フーダニット(who)ハウダニット(how)ホワイダニット(why)に続く第4のミステリージャンル、ホワットダニット(what)です。
つまり本作はミステリーの新たなジャンルの開拓、ミステリーの可能性に挑んだ作品なのです。

短編ならではの切れ味、ミステリーの新ジャンルへの開拓という意気込み、バカミスのくせに論理性はしっかりしているなど、読んで楽しめること間違いなし。

息抜きに、ミステリーの勉強に、新ジャンルの発見に、色々な場面でおすすめの作品。
あなたは「何で殺しますか?」。