血の雨ときどき、怪異~美少女探偵の私は、腕っぷしの強さで呪いの連鎖パニックを乗り切る~

作者 斉藤タミヤ

文字と言う名のスクリーン

  • ★★★ Excellent!!!

この小説を語る上で外せないのは、やはり文です。

細かい心理・情景描写。バトルシーンの描写から伝わる迫力、謎に迫るにつれて増す緊迫感……。

それを一言で現すなら、私は

「文字と言う名のスクリーン」

と言うでしょう。
映画を見た人ならわかるはずです。巨大なスクリーンに流れる迫力満点の映像に大音響。シートに座って映像を見ているのに映像の中に飛び込んだ感じになりますよね?
私は、この小説を読んでいるときに同じ感覚に陥りました。「自分は映画でも見ているのだろうか」そう思ったのです。
リアリティ溢れる本格的な物語を読みたいという方は、一度読んでみてください。

……そうすれば、私の言う事は本当だと気付くことになります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー