東北奇譚

作者 目々

66

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

童話は寒い地域に行くほど残酷になるという。東北の怪異といえば遠野物語も有名だ。
美しい北の情景の中に寒々しい怖さを隠した東北を舞台に、一話完結で語られる怪談はどれもその土地の匂いが漂ってくるほどの情感がある。
ただ怖いだけの怪談でないのは、それに遭遇しながら淡々と対応する叔父と呆れながらついていく甥の乾いた視線がちょうどいいからだと思う。
叔父の一見不謹慎なほどの態度は、得体の知れない怪異に対して、わからないまま放置しておく敬意の形でもあるのかもしれない。

どこから読んでも土地とひと、両方の魅力を感じる奇譚です

★★★ Excellent!!!

薄ら怖いけど可笑しみを感じる作品です。
ひょんなことから叔父の所にやって来た主人公が体験する、怪談や得体の知れないモノが満載で、凄く好みの作品でした。
作中で語られる怪談の面白さをより引き立てるのは、世間一般的には駄目人間な叔父さんのマイペースさです。怖いものを素直に怖がる主人公とは真逆で、叔父さんは全く意にも介しません。どころか主人公の恐怖を煽るような事ばかり言うのです。
けれどその二人のやり取りがとても面白可笑しく、良い意味で滑稽なんです。
ホラーなのに腹の底では燻るような笑いが蠢くと言ったら良いのでしょうか、そんな読むと癖になる作品でした。いやもう凄く好きです!!
しかも問題児たる叔父さんは案外奥深い事を言ったりしているので、そこもまた単に怖さを楽しむだけの怪談作品(それはそれで大好きですが)とは一味違うなあと思いながら読ませて頂きました。読んでいて楽しかったです!
怪談系コメディとも言えるこの作品、是非に是非にご一読下さい!\(^o^)/

★★★ Excellent!!!

東北を舞台に、日常の中に気づけば入り込んでいるような怪異が語られます。
派手な演出で怖がらせようというわけではなく、淡々とした調子で進んでいき、どの話もとても面白いです。
また、生活力皆無の叔父さんと怖がりな甥のコンビも味があって大好きです!この作品を見つけてから一瞬で最新話まで追いついてしまいました……怪談好きの方にもっと読まれて欲しい作品です。