それでも勇者は世界を救う!

作者 闇次 朗

コミカルな作風と読者の細かなツッコミが追いつかない、だと!?

  • ★★★ Excellent!!!

【第五回白雪賞企画:ラストエピソードまで読み進めた上でのレビューです】

コミカルなボケとツッコミのノリがとても面白いです!
所々に楽しい伏線もあり、ギドラの絵のネタが特に好きですね(笑)
他にもツッコむネタが多すぎて、つい口に出してしまったほどです。
細かなところで言うと「ハタ坊」だとか「ナカムラ」とかもう……、あれ、何度ツッコんだか数えておけばよかったです【記憶上は5回以上は間違いないです←】

この物語の凄さは「タイトル回収」をちゃんとしてくれたとこです。
作品の根底にはここがとても重要でもあるので、短編なのに綺麗にまとめられた素敵な作品ですよ!

……余談ですが、短編って意外と書くのが難しいのです。
一度文字数制限で書いてみるとわかるのですが、かなり悩みつつも楽しく書いている、そんな風にも伝わりました。
会話の掛け合いも面白いので、ぜひご覧ください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

白雪❆さんの他のおすすめレビュー 471