薄化粧

作者 RAY

特別な日だから少女は自分に魔法をかけた

  • ★★★ Excellent!!!

男子と映画に行くことになった主人公。
スクリーンの女優に霞んでしまわないよう、初めて化粧デビューをすることを決意します。
カウンターで施してもらった化粧をした自分はまるで魔法がかかったよう。
主人公は前日の夜も化粧の練習をして、準備をしていました。
ところが。

この結末を見届けてください。
特に女性。初めて化粧をした日、初めて運命にかけた日を思い出すと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

天音 花香さんの他のおすすめレビュー 186