無能王太子の日々徒然

作者 こうしゅう

9,515

3,437人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

世界観がきちんと説明され、誤字もなく久々に佳い作家に出会えて嬉しかった。
一部主人公と王など目上に対する言葉遣いに違和感がある会話があったが、概ねそれを補ってなを光るものを感じた。
完全に目上視線で申し訳ないが、説明に簡素化も必要かもしれない。それを含めても今後の期待を、というより本作の先も、他作品も是非にも読んでみたい欲求に駆られる。
とはいへ、いまだ満足な作品の一遍も書けない私なのだが、師匠と勝手に決めたある作家は、膨大な有名著作に全く過不足なく編集者の添削すら不要な方だったので、いつかその域の作家になってくれたら、私の観る眼も確かだったと証明できるかも知れないと思いレビューを書いた。
失礼な物言いにご容赦いただければ、幸いに思う。

★★★ Excellent!!!

 【ネタバレあり】〜123話まで
 おそらく、この作品の中で、一番劇的な変化を遂げているのは、主人公だと思う。無能から最強(?)に変わっていったのは確かだが、その中で、内面的な面も変わっている気がする。純朴だった主人公が女好き気なったりと、たまに質を下げたり、結構大きな地位を得られて、質を上げたりと、忙しい主人公だなと感じさせた。他者の人から、実力を隠している面も、ある意味自重が高いと感じさせたほど。両親まで欺こうとしたほどだから、地位欲がないんだと思わせた。
 英雄が最終的に娶った妻が100人ほど言われているが、主人公も例外ではないと思えてきた。
 サガラの男衆たちもよく女衆に手が出さないもんだなと疑問。おそらく、嫉妬や不満よりも満足、主人への敬遠の方が高いから、そうさせたかもしれない。
 女性人の登場人物が多すぎて、想像範囲内の女性像の描写がごっちゃになる。例えば、身長の高さや胸の大きさなどなど。
 主人公に対して、身勝手さ、傲慢さの表れが見えてしまう。亜種族などの種族を助け、尊敬までされたことは事実だが、やはり、傲慢さうえ、そういう面が拭えないのが事実。
 PS:主人公と大規模ヒロインの間に子供ができたら、一国の国ができそう( ´_ゝ`)
 

★★★ Excellent!!!

 序盤中盤と完璧な構成でした。家族愛が綺麗に書かれていて見ていてとても心にきました。特に、じぃの故郷を守るシーンは涙なしでは見れませんでした。
 一点だけ問題があるとしたら少し妾が多いところでしょうか。魅力的なキャラが多くて素敵でしたが女狂いが加速していき主人公の魅力がどんどん失ったのが残念でした。
 最高の作品でしたのでみなさんもよければ読んでみてください。面白さは保証します。

★★★ Excellent!!!

2021/5/7現在
昨日この作品を発見して2日間で一気読みしました!
面白かった!
今後も楽しみな作品です。
個人的に好きなところは、王太子カー=マインと冒険者ジャスパーの2つの仮面を使い分ける主人公の心理描写ですかねぇ。
思考している中で、会話や周囲の環境によって人格が切り替わるかのように一人称や口調が変化する様が主人公の心理を上手く描写しているなと楽しんでおりました。

★★★ Excellent!!!

他の作者様の作品では、飽きてきた頃に起きる飯テロの代わりにハーレムネタが始まります笑
が、物語の内容はとても好きだし、先がとても気になります。
作者様には大変失礼かとは思いますが、他の方も書かれていますけど、タイトルが弱過ぎて最近まで気づきませんでした。
気付けて読めて良かった!
無理ない所で完結目指して頑張ってください!応援しています。

★★★ Excellent!!!

何これ面白いじゃないか!
タイトルで損してるよ。
このタイトル見ただけでは絶対に読もうと思わなかったからね。
何かタイトル面白そうじゃないのに評価高いな?って思って試しに読み始めたら止まらなくなった。これからはタイトルに騙されないように気をつけようと思いました。
あーでも「日々徒然」は変えたほうがいいですよ。これは平凡な日常を想像してしまうから、はっきり言っていい意味で詐欺です!
今後も楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

無能だからと家族に冷遇される作品は多くあるが、無能ながらも愛され守られてきた主人公

力を手に入れ自由を手に入れても、自分の立場と家族を敬い、懐に入れた仲間を守る。

人間関係も戦略も秀逸。更新が楽しみな作品。

主人公の家族に対する思いに心震える。
王太子としての自尊心が好き。

よくあるハーレム物かと思うなかれ。
ただ、将来の正妻からしたら、どうなのその人数(笑)絶倫はどうして干からびないのだ⁉︎⁉︎⁉︎

少しでも興味が持てたら読む価値あり‼︎‼︎‼︎

★★★ Excellent!!!

ブクマやフォローしてるから惰性で読んでるのではなく、
早く続きが読みたいとか、
更新してくれて作者さんありがとうとか、
こういう日々の糧を思い出させてくれた良き作品です。

上手くレビューができませんが、
書籍化したら、初日に購入し続けると断言できる作品です。

なろうの刹那の風景以来の
久々にその作品だけではなく、その作者も応援したいと思った作品です。

★★★ Excellent!!!

ハーレム系が苦痛な人間から見てもなかなか面白い。
設定などもしっかりとしており戦闘シーンもそんなに多くないように思うが、かっこよく表現されていた。
個人的な意見だが、やはりハーレム系が苦手な身としては女の取り巻きとの絡みがとても多いなと思ってしまった。
もちろんこの作品は主人公の日々徒然というわけで、自分が明らかにズレたことを言っているのは理解しているが、もう少しストーリーの動きがスムーズであってほしい。

愚痴のようになってしまったが、確かなことはこの作品は面白いということ。

★★★ Excellent!!!

私が言わなくても他の皆さんが言及してくれている。

主人公が"かっこいい"。

強いだけではない。
優しいだけでもない。
残酷に徹することも出来る。
間違えることもある。間違えて、謙虚にそれを反省することもできる。
武力も権力も経済力も魅力も全てを手に入れたのに、より強く、より良くあろうとしてもがいている。
無能な王太子の役を演じたまま。
恩人(祖父)の為に。弟の為に。国王、王妃のために。つまり国のために。
自分が大切にしたいと思うもののために。

…ため"だけに"、なところはあるけれど…
分を弁えて、冷静にそれを"自覚"出来ているところがまた良い。
マキャベッリあたりが読んだら「You! めっちゃ名君じゃーん!?」とか言って褒め称えそう。

うーん、、。名作だ。と、思う。
皆さんはどうだろう?
私は今、この作品の更新が最も楽しみでならない。

★★★ Excellent!!!

主人公がチート能力を持っているが本作はそこがメインではなく、主人公の元無能としてのコンプレックスと、王家の血筋として上に立つ者の精神の二面性が魅力となっている。
主人公がちゃんと自分自身の力としてチート能力を扱う描写が上手く、自分の力に振り回される苦悩を持ちつつも前に進んでいく姿勢にはリアリティがあり、強く憧れる。
他にも言いたいことは色々あるが冗長になるので最後に一つだけ、俺様系主人公(可愛い系)is 最強。

★★★ Excellent!!!

転移、転生モノで多いのが実力を隠すパターン。
コレって頭が悪いんじゃ?と思うパターンが多いんです。
力を隠す=他者に侮られる=現代日本じゃないんだから秒で骨までしゃぶられる。国に目をつけられるとかも有るでしょうがソレをひっくり返せる力が在るのが『オレつええエエ〜』モノ。序盤はともかくメンタル弱い主人公だとイラって感じることが多い。
御注意を、以下ネタバレ含みます
この物語は王太子はその能力を隠しますが、別の姿でガシガシ能力を振います。時に貴族王族の冷徹さで誰でもを救わないで切り捨てる事も在る、貴族王族の立場で平民や弱者を守る事も在るというのもリアルで良いですね。行動に"王太子"として魂の思考が染み付いている彼が何処に向かうか楽しみです。

★★ Very Good!!

ライトノベルとしてはやや重厚な作りだと思います。
チートキャラとして覚醒したのに(多少の)苦悩やしがらみを抱えながら慎ましく最強ハーレムを築き上げる物語なのかな?(笑)

こんだけチートキャラならもっと自由に好き勝手に生きれるじゃん!とどうしても思い浮かんでしまう。
なので、面白いんだけど個人的にしっくりきませんでした。

★★★ Excellent!!!

1000を越えるレビューで面白さはこれ以上なく語られていると思うので、レビューから入る人向けに記載。

更新頻度 高い。2~4回/週

1話文量 多い。なんちゃって少量文章毎日更新を◯ムチャとしたら、◯ッコロさんくらいの戦闘力数値。

1話内容 読み応えのある内容を上記頻度で出してくる。多分、連邦の白いかもしれないやつくらいの文闘力

作者性格 全コメントに回答を行うくらいに律儀。洒落にも理解のあるノリの良い対応力。

その他  導入部と言うことで最初は動きが出るまで多少待ちが必要。
だが、ノってくるとあっという間に最新話。

注意点  仕事の空き時間に読むのは止めましょう。君のパソコンのアクセスログに時間も含め綺麗に載ります。
ブラウザを開いたら速攻全文コピーして、メモ帳に貼り付けて閉じるのです。
そのメモ帳の文字の大きさを自身の可視可能に迄小さくして読めば、パッと見では分かりません。

みんな、仕事中は仕事に専念しようね!

★★★ Excellent!!!

投稿分完読しましたので、レビュー致します。
作者様のコメントにある通り、能天気まで明るくなく、だけど救いのない程暗くもない、といういい塩梅のお話ですね。
私、ライトノベラーなので、本物語はとても好物です。
どこに辿り着くのか、気長に楽しみにしたいと思いますので、ぜひ負担の許せる範囲で投稿頑張って下さい。

★★★ Excellent!!!

めちゃくちゃ面白かったです!!
なんとなーくランキングを漁っていたら思いよらぬ読み応えのある物語を読むことができました。
作者様には拝読させていただき最大の感謝を。
最近サボりーな王子様や侯爵様が裏ではめっちゃ強くて大活躍!みたいな作品が増えてきましたが、こちらの作品はテンプレに乗っ取りつつも、すごく面白かったです!
まず主人公の言動が本当にかっこいい!
王子様らしさを残しつつも優しさと誠実さが滲み出ている。偉そうな言葉を使っているけど、全然不快になりません!むしろ清々しくて爽快!
それと細かいところなんですが、食事の所作や作法がしっかりしているシーン、実際の立場を言うシーンなどが読んでて楽しいです!
やはり、貴種流離譚はこうではなくては!
上述の暗躍王子様系が好きな方は、読んで損無しだと思います。
かっこいい王太子様による冒険譚を読んでみてはいかがでしょうか!

★★★ Excellent!!!

作者の作品概要がもはや謙遜に見える…!

熱いです、カッコイイです、強いです!!

主人公のスペックは覚醒後はまさしく最強ものですが、その能力を無駄遣いしない描き方や展開が素晴らしい!
イラつくアホなキャラとか居ません。みんなそれぞれ生きてます。

今後の更新が楽しみです。是非ご一読あれ。

★★★ Excellent!!!

ただのテンプレ物だと思ったら、とんでもない!出てくるキャラクターはどれも個性があり、この物語を引き立てているし、そんな彼らを驚かせる主人公の成り上がり方に爽快感を覚えます。世界設定も丁寧に作り込まれていて、読んでいてワクワクしますね!大袈裟だと思うかもしれませんが、是非他の方にも読んでいて貰いたい作品です。

★★★ Excellent!!!

見捨てられた、厄介者の無能王太子という、テンプレふうの切り口を使いながら、オリジナリティあふれるピカレスクを紡ぎ出すという大胆不敵な成り上がり物語だよ、これは。ジキルとハイドみたいな二重生活に、次々に登場するいい女、令嬢、娼婦、美少女忍びに、剛毅でヤクザな冒険者仲間たちと、キャラも立ってるし。