誰が為の舞台

作者 藤咲 沙久

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人はなぜ、物語を読むのか。
物語を読むこと、
劇や映画を観ることには、
どんな意味があるのか。

読む過程には既に書くがあり、
書く過程には常に読むがあると思います。

創作と創作間の相互作用、
互いに現実と虚構の区別なく、
重なり合って、刺激しあって、
共感したり自己投影したりと、
複雑に絡み合っていきます。

虚実が曖昧になるのは、
私たちにとって他者がわかりえないから、
なのではないか。
小説や劇などのフィクションは、
そういう他者という存在に似ています。
解釈し、判断し、時に思いもよらぬ動きをし、
自分に影響を与える。

この作品には、確かに運動があります。
いきいきとした混淆が感じられる。
他者に似ている。
読み、解釈を与え、刺激され、
書くという創作意欲をかきたてる。
ああ、もっと書きたい、そう思える作品でした。

ぜひご一読を。

★★★ Excellent!!!

魂を震わすほどのセリフ。
たった一言だろうと、魅了し、惹きつける。
actでそれぞれの仄暗い過去や感情から、前に向かう姿勢は好感が持てました。

燻っていた炎が火花となって、魂を燃やす。
この二人が、いつか一緒の舞台でスポットライトを浴びる姿を見てみたいです。