それでもなおスペースの余るというような猛々しくも切なげ詩集

作者 さすがり亜美