ドリアンソーダにのぼる泡

作者 古川 奏

131

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 なんというか、言葉にできない感情を丁寧にわかりやすく言語化してくれてるような印象を受けました。読んでてああ、確かにそうかもなと納得する部分がいくつもあって、何度も読み返したくなります。

 「終わり良ければすべて良し」って言葉がありますが、終わり方って本当に大事なんだろうなとこの作品を読んで改めて考えさせられました。緩やかに病院や自宅で迎える「死」と、交通事故のようにある日突然あっけなく迎える「死」。同じもののようで、遺された人たちに与える影響は大きく違うのだろうなと思いました。

 最初は主人公の感情がよくわからなかったのですが、読んでいくうちに彼女なりに「姉の死」に対して感じたことや見えてきた世界の側面があって、それを踏まえての行動だったんだなと気づきました。

 意味のない世界にも「意味」を見出すことはできると気づいてくれてよかったです。なにより彼氏さんが本当に彼女のことを思っていて、素敵でした!

 長々とレビュー失礼しましたm(__)m

★★★ Excellent!!!

「ドリアンソーダにのぼる泡」を読みまして、わずか二、三行のうちに「あ、これには太刀打ちできないな」と早くも困ってしまいました。

登場人物のひねくれてるけどどこか純粋な思いが直に伝わって悶絶しました。
さらにキャッチーであり奥深くもあるその中毒的な文体に惹きこまれ、もっと読ませてほしいと、また悶絶します。

これはヤバいです。

WEB小説の新たな理想形がここにあるような気がしました。根拠はあげられませんが、ただ漠然とそう感じます。

そして最後になりますが、「ドリアンソーダは臭いも再現してたらいいな」と私は思いました。

★★★ Excellent!!!

 三週間ほど前に姉を亡くした高校生の少女が、付き合っている男子と初めて「そういうこと」をしようとするお話。
 面白かったです。きっと誰にでも訪れ得る喪失、身近な人の死を題材とした現代ドラマで、でもいわゆる「泣けるお話」とは違います。もちろん胸にこみ上げてくるものは山ほどあるのですけれど、でもこのお話を悲劇や感動の物語として括るのはさすがに無体というか、とどのつまりは正真の成長物語です。ビルドゥングスロマン。それだけ、というか、本当にそこにのみ軸を絞った物語。
 文章が好きです。特に、というかはっきり印象に残るのは、やっぱり冒頭一行目の鮮やかさ。書かれた内容、「死」と「そういうこと」の強烈な印象以上に、それら(文の前後)がどう繋がるのかわからないところ。興味を引きつける力があって、またその先も滑らかに進むため、あっという間にのめり込んでしまいました。
 総じて読みやすく、また情報の出し方並べ方も巧みで、本当にスイスイ読まされてしまう文章なのですけれど。でも真の魅力というか本当に恐ろしいのは、その語り口に宿る気配の切れ味、文体ひとつで一個の人間を表現しているところです。視点保持者の性格や人柄、またその時々の心情に沿った一人称体の、その精度なのか練度なのか、とにかくこんなの初めて見ました。なにこれすごい。
 文の意味や内容でなく、その書き方自体に宿る情報の濃密さ。つまり〝読んでいる内容と同時にそれ以外のものをも読み取る〟ような感覚。これがもう最高に気持ちがよくて、いやそれ以上に脳への染み込み方がやばいというか、共感や感情移入を引き起こす力が凄まじい。
 以下はネタバレを含みますが、でも物語の内容に関しては正直なところ、とても語りきれるものではありません。したがってどうしても語弊のある言い換えにしかならないのですが、どうかその点ご容赦ください。
 ハッピーエンドというものの解釈と… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

姉を突然に亡くしたばかりの女の子と、彼女を優しく見守る彼氏の、彼氏の部屋でのひとときのお話。
大丈夫だよと自分に言い聞かせるように彼氏に答えながら、本当はそうじゃない彼女の、こみ上げてくる悲しみに切なくなります。
だけどもそのあとに語られる彼氏の言葉の素晴らしいこと、頼もしいこと、かっこいいこと!
良かったね。この彼氏がいてくれて。
これから先の悲しみもきっと乗り越えられる。

まずい確率かなり高そうなドリアンソーダだってなんのその、です。

★★★ Excellent!!!

恋人同士が結ばれてハッピーエンド、はよくある話ですが、このお話に出てくる二人は結果的には結ばれてはいません。

しかし、それでもこれはハッピーエンドなのでしょう。なぜならば、そこから確実に二人の仲は深まっているからです。

彼女はその時何を思ったのか、彼はそんな彼女をどう見たのか。

二人の行く末をずっと見ていたくなります。