幼なじみの妹と付き合った

作者 あげもち

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 5年後へのコメント

    お久しぶりです。更新ありがとうございます。

    三角関係継続って終わり方だったけれど、5年後もなのか、結婚しててもか・・・、ちょっと絶句。
    柚葉ちゃん、琴葉ちゃんの匂いって絶対気付いてるよね。
    1話目の姉さんにはナイショが内緒になってなかった(私の勝手な想像)ように、柚葉にはナイショだよも内緒でなかろう。つまり3人仲良く三角関係継続って私なりに納得させてます。

    忘れたころにやってきたアフター、良かったです。次期待しちゃダメ?

    作者からの返信

    こんばんはてつやさん!

    コメントありがとうございます!

    次の話ですか…。

     そうですね、それじゃまた、皆さんが忘れた頃に…とだけ言っておきますね!

     コメントありがとうございました!今日は風が強いので、お身体にお気をつけて!!

    2021年2月17日 18:10

  • 5年後へのコメント

    更新ありがとうございます。

    衝撃のラストから五年、
    やっぱり切れてはいませんでしたか。

    あとは柚葉が悲しまない様に、死ぬまで隠し通して下さいね。

    作者からの返信

     こんばんは!コメントありがとうございます!

     きっとこのままカズは柚葉を愛しながら、琴葉との関係を続けていくのでしょう。なんだか悲しい話ですね…。

     ところで、この話の第一話目で柚葉が「姉さんにはナイショですからね?」と言ったのに対して今回、「柚葉にはナイショだからね?」という琴葉の言葉が対になっていることにお気づきでしょうか?(もし気づいていてくれたら嬉しいです!)
     
     本当に分かりにくいですが、自分のした行動は良くも悪くも返ってくる。というちょっとだけ皮肉っぽい終わり方をしてみました。

     そう考えると…もしかしたらカズもいつかは…。

     コメントありがとうございました!

     また、近いうちにお会いしましょう!

               あげもち

    2021年2月14日 18:48

  • 最終話 愛してるへのコメント

    完結お疲れ様でした。

    ここで「不純恋愛もの」が来ますか。
    最後に連投からの衝撃的なラストにすこし吃驚です。
    映画なら、琴葉が和樹に覆いかぶさってブラックアウトで「和樹、愛してる」のセリフか、恍惚とした顔で舌舐めずりする琴のアップになって終わりそうですね。

    これから先、3人がどうなるのかは読者任せという事なのでしょうが、あげもちさんはどうしたかったのかを後日譚などで書いてもらえると嬉しいです。

    もちろん新作も期待してます。
    素敵な作品をありがとうございました。

    ゆっくり休憩してからで構いませんので
    待ってま〜す

    作者からの返信

     そうですね、いつか後日談を書いてみるのも面白いかもしれませんね…。

     数日後、数年後の、近い未来の3人の姿を書いてみようと思います!
     
     素敵な作品と言ってくださってありがとうございます!

     私池さん!また次回作でお会いしましょう!

     本当にありがとうございました!


             あげもち

    2020年9月30日 23:07 編集済

  • 第24話 歪みへのコメント

    きのこの山+コーヒーで能力発動って、まるでアニメ「ハマトラ」に出てくるハニーみたい(ハニーはチョコを食べると発動)

    作者からの返信

     こんばんは!コメントありがとうございます!

     この発想は、とある、きのこの山好きの友人から得ました。

     いつも言うんですよ、その友人…。

    「きのこの山食べると、仕事がはかどる」って…。

     まぁ、秋葉ちゃんのおおよそ半分は、その友人の、きのこの山でした。

     

    2020年9月30日 23:04

  • 第24話 歪みへのコメント

    更新ありがとうございます。

    きのこの山とコーヒーがトリガーとは
    たけのこの里とコーヒーだとまた違う能力が発動するのかな?

    それにしても和樹には柚にキスしろって言ったり、琴にはいいと思うって焚き付けたり…
    小学生なのに怖い…

    作者からの返信

     子供の純粋な好奇心って怖いですよね…。

     ちなみに『たけのこの里』を食べると、IQが1下がります。

    2020年9月30日 22:27 編集済

  • 第23話 ゲームへのコメント

    更新ありがとうございます。

    秋葉ちゃん、ピッチピチじゃなくてビッチビッチの小学生な気がする…
    けど同じキノコの山派だからなぁ、いい子のはずなんだけど。

    誤字報告です
    >ツッコミを入れるか回数が極端に増える
    →ツッコミを入れる回数が極端に増える  では?

    作者からの返信

     こんばんはー!
     誤字報告ありがとうございます!

     ものすごく助かりました!

     何回も見直したつもりだったんですけど、私もまだまだですね…。

     

    2020年9月30日 22:00 編集済

  • 最終話 愛してるへのコメント

    何という終わり方。想像の斜め上を行き過ぎて全然予想できませんでした。
    お疲れ様でした。楽しみにしていた物語の終わりはいつも寂しいですが、衝撃のラストと、きのこの山を食べまくってた理由で少々寂しいのは吹っ飛んでます。題名「幼なじみの妹」。柚葉ちゃんも幼なじみでは?題名からして琴葉ちゃんが主人公?で柚葉ちゃんはその妹。だから琴葉ちゃんで締めくくったのかなと。勝手に納得させてます。それと三角関係継続ということで。

    お疲れ様でした。次回作、いつでもいいので楽しみにしています。

    作者からの返信

     こんばんはてつやさん!
     今作も初めから終わりまで、コメントをくださって、ありがとうございましたー!

     んふふー♪最終話を書くまでずっとムズムズしてました。

     1話の『告白』から、ずっとこの終わり方をするんだって、考えていたんです!
     
     正直、途中で行き詰まった感はありましたが、この終わり方ができたので、個人的には、終わり良ければ全て良し!と満足しております。

     …あ、すみません! やはりてつやさん相手だと、書きたいことが沢山あって、どうしても返信が長くなってしまいます…。

     まぁ、完結にまとめますと…。

     この作品を読んでくださりありがとうございました!

     また、次の作品でお会いしましょう!

     
     あげもちより、感謝を込めて…。

     
              あげもち

    2020年9月30日 21:58

  • 第23話 ゲームへのコメント

    秋葉は二人を応援しているのか…?
    いやまだわからんぞ!妨害してくるかも!?と一人ドギマギしてます(笑)

    作者からの返信

     こんにちは!いつもコメントありがとうございます!

     秋葉は2人を応援しているのか、妨害するのか、それとも…。

     もうそろそろ最終回です!

     それまでどうかお付き合いください!

               あげもち

    2020年9月16日 11:13

  • 第23話 ゲームへのコメント

    きのこ派に悪人はいないから大丈夫、秋葉ちゃんは良い子!

    作者からの返信

     こんばんは、コメントありがとうございます!

     いつもきのこの山を食べている秋葉は、別の世界線では、世界をきのこ派にするためのエージェントだったりして(笑)

     コメントありがとうございました!

     …。

     それにしても、きのこの山、美味しいですよね。

    2020年9月14日 23:30

  • 第23話 ゲームへのコメント

    ますます・・・秋葉ちゃん何者?きのこの山は関係あるの?

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     こんばんは、遅くなってしまいましたね…すみません!

     もしかしたら秋葉ちゃんは、きのこの山が主食なのかも?
     

    2020年9月14日 23:22

  • 第22話『今週の土曜日、デート行かない…へのコメント

    更新ありがとうございます。

    秋葉ちゃん、なんか不気味ですな。ただの勘が鋭い子ならいいですけど。いうかきのこの山二箱は食べすぎだろ。追加って読んだ時に小さなパックが繋がってるヤツかと思ったよ。

    誤字報告です
    >「あー、そう言うのことね…」
    →「あー、そう言うことね…」  では?
    昔のアニメとかの中国の人みたいで可愛いけど

    作者からの返信

    こんにちはコメントありがとうございます!

    誤字ってましたか…報告ありがとうございました!

    2020年9月14日 12:20

  • 第22話『今週の土曜日、デート行かない…へのコメント

    秋葉ちゃんは転生者か?おっさんで天気予報士の。まー、只者ではないな。(笑)

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!てつやさん!

     秋葉ちゃんの察知の良さは偶然なのか、それとも…。

     もう少しでこの話も終わりにしようと思います。

     なので、もう少しだけお付き合いください!

     いつもコメントありがとうございます。

               あげもち

    2020年9月14日 12:24

  • 第21話 誕生日へのコメント

    まだまだ、イチャイチャは止まらない!ホッとするような、物足りないような、複雑な気分です(笑)

    作者からの返信

    こんにちは!コメントありがとうございます!

     イチャイチャしてこそラブコメ!の理念のもと、3人にはイチャイチャしてもらってます!

     そして、それに何か違和感を感じているのなら、私としても、ここまでは成功と、自己評価できるのではないかと思っています!

     さて…3人の関係はフツーなのか…もしそうだとして、一部の読者さんと、秋葉ちゃんが感じている違和感は、いったいなんなのか?

     コメントありがとうございました!
      
             あげもちもち
                ↑
             (ふざけました、すみません…)

    2020年9月6日 13:44 編集済

  • 第21話 誕生日へのコメント

    秋葉ちゃん大丈夫。私も分かりません(笑)

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

    こんにちは!

    もし、てつやさんも仲良しなこの3人の関係に、何か違和感を感じているのなら、私としても、今後秋葉ちゃんを活かせるのではないかと思っています!

     コメントありがとうございます!

              あげもち

    2020年9月6日 13:40

  • 第20話 幼なじみの従姉妹へのコメント

    また色々引っ掻きそうですね。
    恋愛スパイス投入ですね。

    作者からの返信

     こんにちは!いつもありがとうございます!

     さてさて、秋葉ちゃんはこれから、この物語をどう動かすのか…

     お楽しみに!

     コメントありがとうございました!

                あげもち

    2020年9月2日 14:52

  • 第20話 幼なじみの従姉妹へのコメント

    新キャラで波乱の予感ですね。
    さてさてカズくんの未来は!?

    作者からの返信

     こんばんは!直樹さん!

     以前から予告していた通り、新キャラです!

     無表情で不思議な彼女は、今後どんな顔を見せるのか、さして、秋葉というキーマンによって物語はどう動くのか…お楽しみに!

     コメントありがとうございました!

    2020年9月1日 22:49

  • 第20話 幼なじみの従姉妹へのコメント

    更新ありがとうございます。

    不思議な子ですね。人の心が読めるのかな?

    作者からの返信

     こんにちは!コメントありがとうございます!

     …さて、どうなんでしょうかね?人の心が読めるのか…それとも…。

     この不思議なキャラクターが今後、物語をどううごかしていくのか、どうぞお楽しみに!

     コメントありがとうございました!

                あげもち

    2020年9月1日 16:44

  • 第20話 幼なじみの従姉妹へのコメント

    どういう意味?秋葉ちゃんは琴葉ちゃん似?色々なハテナが出てくる新キャラですね。次回も楽しみです。

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     お久しぶりです!てつやさん!

     新キャラは一ノ瀬家の親戚の月見秋葉ちゃんです。

     普段はいつも無表情で、一定して低いテンション。

     そして、謎の多い性格の彼女が、今後この物語をどう動かして行くのか、新しいキーマンにご期待を!


    コメントありがとうございました!

    2020年9月1日 12:35

  • 第19話 海デートへのコメント

    大事にされていますね。

    作者からの返信

     こんばんは!いつもありがとうございます!

     自分の彼女のピンチに慌てることなく、自分が死ぬかもしれない状況でも、とっさに動けるカズくんは、本当に柚葉がことが大切だったんだと思います。

     これからも、柚葉を大切にして欲しいですね。


     コメントありがとうございました!

    2020年8月31日 19:39

  • 第18話 元、好きな人へのコメント

    おおとここで、攻勢にでたぁあああああ!
    ドロドロではないですが、諦めきれない感情が甘い甘いシチュエーションの中に出ていますねぇ。

    作者からの返信

     お久しぶりです直樹さん!

     幼馴染みだからではなく、カズだからできる。と、遠回りな告白に出ましたね! 

     琴葉にはこのままピュアなままでいて欲しいです!

     コメントありがとうございました!

    2020年8月30日 21:17

  • 第17話 休日姉妹へのコメント

    仲良し雰囲気ですね、いつか修羅場っちゃうのかなぁ…。
    ともあれまだまだ和やかムードで一安心(笑)

    作者からの返信

     こんばんは、コメントありがとうございます!

     夏祭り編が終わり、登場人物の関係が落ち着いたので、久しぶりに和やかなものにしてみました!
     

    2020年8月20日 22:29

  • 第17話 休日姉妹へのコメント

    なんじゃこりゃ。

    作者からの返信

    久しぶりの甘甘です。

    2020年8月20日 12:44

  • 第16話 線香花火へのコメント

    爽やかな感じでドロドロしてるのが凄いですね
    未だにナイショの理由がイマイチ分からなくて、ナイショにしたからこそ妹は自分を苦しめる状況になったのにって思ったのですが、今後その辺が明かされるんですかね?
    色々置かれた伏線がどう回収されるか、楽しみにしてます

    追伸:そうだろうなとは思いましたが、1話の最後で大きくインパクトを残して終わったので、ガツンと来る何かがあるのかな?って邪推してましたww

    作者からの返信

     こんばんは!コメントありがとうございます!

     なるほど…、たしかにナイショにしていた理由が曖昧ですね…。琴葉の「一泡吹かせたかった」だけだと、少なかったかもしれないです。

     それでは解説です。

     琴葉は和樹のことが好きで、そのことを柚葉はすでに知っていた。

     そして琴葉と同じく、小さい頃から好きだったお兄さんこと和樹に告白。

     その時ナイショにしたのは、近いうち、姉さんがお兄さんに告白した時、既に和樹は私の彼氏でした。と絶望させるため。(それに気がついた琴葉は、一泡吹かせたかったんだろうね…と発言)

     しかし、そんな柚葉でしたが、和樹が琴葉のことを好きと言うことまでは見破れず、それが浮き彫りになったのは、迎えにいった時だった。

     その時、柚葉の中にあった琴葉への復讐心よりも、本当に大好きなお兄さんの幸せの方が大きく上回り、別れる事を決意。

     と、言ったところでしょうか?

     解説も分かりにくかったらすみません!

     コメントありがとうございました!
       
               あげもち
     

    2020年8月19日 20:20

  • 第16話 線香花火へのコメント

    腹黒になろうとしても腹黒になりきれない女子はいい女(当社比)

    さてこのまま妹さんENDなのか、お姉ちゃんのターンがあるのか?
    まだまだ分かりませんからね、楽しみにしています。

    作者からの返信

     こんばんは、直樹さん!
     いつもコメントありがとうございます!

     とりあえず、一件落着みたいな感じで落ち着きましたね。(正直、夏祭り編のコメントが若干荒れて怖かったです…。)なので私としても、ひと安心です。

     しかし、まだまだ物語は続きます!

     ここからはどちらかと言うと、琴葉の描写が多くなる予定ですので、そちらも是非お楽しみに!

     それと…もしかしたら、新キャラ、出るかもしれませんね…。

     夜分遅くに申し訳ございません!

     楽しみコメント、ありがとうございました!

               あげもち

    2020年8月18日 23:14

  • 第16話 線香花火へのコメント

    これは妹エンドで終わりでしょうか?
    妹とイチャイチャの話が続くのかな?(*'▽'*)

    作者からの返信

     こんばんは!コメントありがとうございます!

     そうですね、次回は甘甘にしようかな〜って思ってます!

     ちなみに、まだ話は続きますよー!

     …。

     私なりにきちんと終わりを考えているので…。



               あげもち

     
     

    2020年8月18日 20:20

  • 第16話 線香花火へのコメント

    和樹くん柚葉ちゃん相思相愛で良かったね。一時は柚葉ちゃんの闇を心配したけど。

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     てつやさん!いつもありがとうございます!

     一度は闇に落ちた柚葉でしたが、和樹が本当に好きで、絶対に取られたくなかった、だからこその、言わば防衛反応のようなものだったのかもしれませんね。

     でも、柚葉ちゃん、可愛いところあると思いませんか?

     私は好きです。

     いつもコメントありがとうございます! 

     何話か書いた後に、夏休み編に続くのでご期待を!

     もしかしたら新キャラ出てくるかもしれません…。

                あげもち

    2020年8月18日 18:26

  • 第16話 線香花火へのコメント

    初めて好きと言った。
    選んだというよりは気付いたというところで良かったかな。
    選んだだと上から目線になってしまうし。

    もう二人とも娶っちゃいなよと無責任に言いたい。

    作者からの返信

     こんばんはー!いつもコメントありがとうございます!

     この物語中盤から貴方様が良く言っていた『まだ、好きって言っていない』と言うコメント、実はめちゃくちゃ心臓に悪かったです!(いいで意味ですよー!)

     そのコメントに対してなんて返せばいいのか、下手に返すと、ネタバレになってしまうので….

     ちなみに、和樹くんはそんなことできませんが、私は琴葉も柚葉も両方とも好きですよ!

     コメントありがとうございます!

               あげもち

    2020年8月18日 18:22

  • 第16話 線香花火へのコメント

    どちらかを選ぶ時って、難しいと思う😭
    選んだ限り幸せにしてください。って思いながら読んでますよ。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!

     どっち付かずだった和樹がやっと選んだ彼女。彼ならとても大切にしてくれると思います。

     激動の回が終わり、次からどうなっちゃうの?って思うかもしれませんが、まだまだ続きます!

     本当にコメントありがとございました!

               あげもち

    2020年8月18日 18:18

  • 第15話 大切な人へのコメント

    切ないですね...(つд⊂)
    以前の琴葉の心境の一部(想像)↴
    「(和樹のことは好き...だけどもし告白して振られたら、この心地いい関係が壊れてしまうかも知れない...。毎年一緒に行く夏祭りも、カズの過ごすかけがえのない楽しい日常も無くなってしまうかも知れない。それに、今のままでも十分幸せ。それならいつか時が来たら告白しよう。それまでは一緒にいてね······カズ···。)」
    仲がいいこのままの落ち着く関係で居たい···。そう思ったから告白しなかった。でも妹に取られてしまった...(>ω<。)
    ···くぅぅ...なんとも言えない。この選択に良いも悪いも無いです。この先琴葉が何をするかは琴葉次第...私は応援してるぞ~ふれーふれー琴葉!ヾ(*>∇<*)ノ

    筆···手が乗りました(^-^; 長文失礼しました。
    毎度応援しています。

    作者からの返信

     哲学ひつじさん!お久しぶりです!

     コメントありがとうございます!

     ずっと好きだった人が、実は自分の妹の彼氏で、でもそれを知ってもなお、和樹の背中を押しました。

     その点では、幸せになってほしいと願う柚葉と、考え方が似ているのかもしれませんね。

     琴葉…めちゃくちゃ優しくて、強い女の子ですね。なんか私も書いていて、しんみりしちゃいました。

     いつもコメントありがとうございます!

     まだ夏祭り編は続くので、どうぞお見逃しなく!

     すみません、私も思わず手が乗ってしまいましたね…。

     それでは、また次回お会いしましょう!
       
               あげもち

     

    2020年8月12日 19:02

  • 第15話 大切な人へのコメント

    お待ちしてました。

    お姉ちゃんはカズの揺れる想いに後押しをしましたが…。
    両想いだと知ったら諦めるのも難しくなりますね。
    姉も攻勢を強めるのか…?

    トライアグルな関係も書くのは大変かと思いますが次回もお待ちしております!

    作者からの返信

     直樹さん!コメントありがとうございます!

     そうですね…実は三角関係を書くのって難しかったりしますね…。

     しかし、三角関係があるからこそ、主人公の葛藤する姿が面白くて、この話を書き始めました!

     絶対に最後まで書いて見せます!

     この度はコメントありがとうございました!

     今後、和樹の柚葉はどうなるのか、そして、真実を知った琴葉は、どうなるのか…。

     お楽しみに!

               あげもち

    2020年8月12日 19:05

  • 第15話 大切な人へのコメント

    ここ最近読んだ中で1番面白い展開だった。
    この先どうなるかとても楽しみです。

    作者からの返信

     たくやさん!ありがとうございます!

     面白かったコメントが一番の原動力です!
     

               あげもち

    2020年8月12日 14:57

  • 第15話 大切な人へのコメント

    月9みたいな展開やなって笑笑

    作者からの返信

     こんにちは!コメントありがとうございます!

     ちなみになんですけど…月9、とはどう言う意味でしょうか?

     めちゃくちゃ気になります!

              あげもち

     
     追記

     なるほど、理解しました!(ググりました…すみません)

    2020年8月12日 12:24 編集済

  • 第15話 大切な人へのコメント

    和樹くん次第ですね。だからといって、どちらかを選んでも必ず付き合えるとは限らないような。
    ちゃぶ台ひっくり返すようなことを言うと、琴葉・柚葉以外の女性と付き合えば?世間は広いしね。そこから一周回ってどちらかと付き合っても構わないけれど、今のままどちらかと付き合うのは違うかなって感じ。私の勝手な主観ですいません。
    次回楽しみにしています。ご無理なさらずに。

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     お久しぶりです!てつやさん!

     この前は温かいコメントありがとうございました!とても嬉しかったです。

     確かに今回のコメント、ちゃぶ台返しのようなコメントですね笑。

     コメントありがとうございました!

              あげもち

    2020年8月12日 12:23

  • 第14話 恋愛証明へのコメント

    人生の最後に、この人で良かったって思えるような人と一緒に居られるような幸せを、掴む権利がある人だから…>
    これに似た考えで、
    よく幸せだの不幸せだの言うけれど、それは所詮はその瞬間が満たされてるか満たされてないかであって、
    死ぬ間際にあ〜幸せだったなと思えたら幸せな人生だと思う。
    結局死ぬ間際までは人生が幸せか不幸せかはわからないものだと。

  • 第14話 恋愛証明へのコメント

    更新ありがとうございます。

    柚葉にとってはこれで一旦終わりでも和樹にとってはまだこれからなんですよね。
    自分の気持ちに気が付いて、琴葉に何を伝えるのか、どう伝えるのかを考える間もなく琴葉に会ってしまった和樹。
    どうなるんでしょうね。

    作者からの返信

     おはようございます!たけしさん!

     自分の気持ちに気づいた和樹、そして良くも悪くも、出会ってしまった琴葉。

     和樹は何を思い、どう行動するのか。

     そして、どちらを選ぶのか。

     …。

     行き着く先の結末に、きっと間違いなんか一つもない。

     たとえ、誰かが望んで、他の誰かが望まなかった道だとしても…。

     その決断に俺は後悔しない。

     …と、言ったところで、また次回もよろしくお願いします!

     いつもコメントありがとうございます!
       
                あげもち
     

    2020年8月2日 07:51

  • 第14話 恋愛証明へのコメント

    演技ではなく、短い間で察してしまったのですか…。
    少し悲しい感じですが…、いやまだ、まだ終わらない、頑張れと思ってしまうのでした。

    女の子はちょっと黒い方がいいのよね!

    作者からの返信

     直樹さん!コメントありがとうございます!

     付き合ってからまだそう時間の経っていない2人。しかし柚葉は和樹の何かに気が付いてしまったのかもしれませんね。

     だから、きっと私が彼の1番でいることが幸せではないのかもしれない。

     そう思った柚葉は別れを切り出した。

     1番大好き人が、幸せになれるように…。

     さて、今後どうなっていくのか、そして、事実を知ってしまった琴葉はどんな表情をするか。

     次回も楽しみにです!

     いつもコメントありがとうございます!

               あげもち

    2020年8月1日 21:22

  • 第14話 恋愛証明へのコメント

    自分の心が歪んでるのかなぁ・・・ただ爆弾投下したように感じたのは自分だけ?これから拗れていくのを、あえて望んでいるような・・・・・・。何を考えているかわからん。

    作者からの返信

     こんばんは、コメントありがとうございます!

     そうですね、この時、柚葉は何を考えて、和樹に別れを告げたのか…。そしてなにを思っていたのか…。

     その伏線もしっかり回収するつもりです。

     なので、今後もこの話の続きを楽しみにしていてくだされば、私としてこの上なく嬉しいことだと思います。

     コメントありがとうございました!

     そして最後に…。

     きっと柚葉の涙は…嘘じゃないと思いますよ…。

              あげもち

    2020年8月1日 20:48

  • 第14話 恋愛証明へのコメント

    うーん
    妹のやってる事が支離滅裂にみえる一貫性がないかな
    姉との関係を壊してまで欲しかった物を簡単に捨てすぎるのに違和感
    追ってきて欲しいからわざとやったならまだわかりますが

    作者からの返信

     こんばんは、コメントありがとうございます!

     たしかにあれだけ悪役だった柚葉を見れば一貫性はないのかもしれません。

     しかし、柚葉は必死に自分のものにした和樹を、自分の手で手放しました。

     もしかしたら、なんだかんだで琴葉のことばかり気にしている主人公に、気が付いてしまったのかもしれませんね….

     夏祭りの夜はまだ始まったばかりです。

     本当にこのまま別れてしまうのか、和樹はどっちを選ぶのか…そして、事実を知ってしまった琴葉は、一体どうするのか…。

     それを知るために、また貴方様がこの物語を読んでくだされば嬉しい限りです。

     コメントありがとうございました!

              あげもち

    2020年8月1日 20:44

  • 第14話 恋愛証明へのコメント

    柚葉さん。。。
    もっとじっくりと自分の存在を、彼の中で大きくしていった方が良かったと思うのですが。答えを急ぎ過ぎたように見えます。こんな衝動的な別れ方では諦めきれないと思います。
    琴葉さん、ここで初めて二人の関係を知ってしまったわけですが、別れ話の直後という究極のタイミング。想いを打ち明けるかどうか、非常に悩ましいですね。
    続きを楽しみにしています。

    作者からの返信

     ごんたくんさん!コメントありがとうございます!

     今回、あれだけ裏で暴れてた柚葉は、自ら和樹を手放しました。

     ですが、和樹が琴葉のことを考えているのを、きっとどこかで薄々と気がついていたのだと思います。

     だからこそ、柚葉は、大好きな和樹に、本当に好きな人と付き合って欲しい。

     あれだけ悪役だったら柚葉も、やっぱり女の子だったんですね…。

     …と、言ったところでしょうか。

     いつもコメントありがとうございます。

              あげもち

     
     

    2020年8月1日 20:04

  • 第14話 恋愛証明へのコメント

    第1話で柚葉ちゃんからの告白を受け入れている和樹くん。それが全てなのでは。例え二人の事が好きでも一人に絞った以上、色々なことに決断しなければ。
    このタイミングで柚葉ちゃんを追いかけない和樹くん最低。

    次回、琴葉ちゃんとの邂逅、楽しみにしてます。

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     こんばんは、てつやさん!

     コメントありがとうございます…。

     主人公が琴葉に残した未練、結果として柚葉はそれを悟るように別れを告げました。

     きっと柚葉も辛い決断だったと思います。

     でも、誰よりも大好きなお兄さんだから、やっぱりお兄さんには幸せになって欲しい。

     そんな考えだったと思います。

     いつもコメントありがとうございます!

              あげもち

    2020年8月1日 19:57

  • 第13話 祭りばやしへのコメント

    更新ありがとうございます。


    >柚葉との楽しい時間を過ごすはずなのに、頭に浮かんできたことは、家にいる琴葉のことだった。
    >あいつは、いま家で何をしているのだろうか。

    これ以上自分の気持ちを雄弁に語っている文はないと思う。

    >柚葉は可愛いし、料理も上手いし、何より俺のことを本当に好きでいてくれる。
    >だから俺も柚葉は好きだ。柚葉がそうしてくれる分、俺だってその気持ちに応えてやりたい。

    これだと「好きでいてくれるから好き」って事だよね。

    和樹は「能動的な好き」と「受動的な好き」とどっちが大事なんだろう。自ら動いて勝ち取る恋か、流されて楽な恋か、選ぶのは和樹。

    作者からの返信

     読み方は『たけし』さんであってますか?

     こんな深夜遅くにコメントありがとうございます!

     あなたのコメントに、ものすごく心を打たれました。

     なんて言うのですかね、この話で言いたかったことを、全て言ってくれたような、そんな感覚になりました。

     初めて自分に告白をしてくれた柚葉。そしてその好きに応えたい思う反面、やっぱり今まで一緒に過ごしてきた琴葉への思いは誤魔化せなかった。

     さて、主人公の思いはどちらに転ぶのか。

     そして…タグの不純恋愛物の意味とは!?

     いつもコメントありがとうございます!

     次回もお待ちしてますね?

               あげもち
     

    2020年7月31日 00:25

  • 第13話 祭りばやしへのコメント

    第三者の男の娘が好き。
    なんちって。


    記憶が確かなら付き合うとは言ったが好きとはまだ一回も言ってないはず。

    作者からの返信

     こんばんは!コメントありがとうございます!

     …ですが残念!この作品に男の娘は出てきません!

     しかし、良く作品を見てくださってるのですね。

     そうなんです!主人公は柚葉に対して、口で「好き」とは一言も言ってないんですよね。

     そのことも近いうちに伏線回収させていただきますので、今後の展開を、お楽しみに〜!
      
               あげもち

    2020年7月30日 22:04

  • 第13話 祭りばやしへのコメント

    和樹本人の胸の内の葛藤が明らかに!姉、まだチャンスありますよ!
    姉、ついつい花火の時間に会場に来てしまって、2人を目撃する、と妄想・予想してます。
    続きを楽しみにしています。

    追記:早速ご丁寧に有難うございます。「ごんたくん」で正しいです。無作法に妄想・予想し、ヒヤリとさせてしまったとのこと、大変恐縮です。作品に触発されて続きを自分で考えて、次回答え合わせをする(大抵外れます)という楽しみ方をしております。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!

     えーっと、読み方は『ごんたくん』さんであってますか?間違っていたらすみません。

     今回、初めて形として出てきた和樹の葛藤。やはり彼の中ではまだ2人は同率で、幼馴染みである琴葉もカノジョである柚葉も両方とも大切なんですね。

     まぁ、悪く言えば女々しいとも言えますがね…。

     さぁ、いよいよ分からなくなってきました。

     彼の思いはどちらに転ぶのでしょうか…。

     琴葉?

     柚葉?

     …それとも…。

     いつもコメントありがとうございます!

     ごんたくんさん!また次もお待たしてますね!

     あと、最後に…あなたのコメント、少しだけヒヤリとしました…。

     追加

     何か誤解を招くようなことをしてしまったら申し訳ございません…。しかし私としては物語に直接触れられてるような気がして、とても嬉しいです!

     そろそろ気温も高くなってくるので、私をもっとヒヤヒヤさせてくださると嬉しい限りです。

              あげもち

    2020年7月30日 21:13 編集済

  • 第13話 祭りばやしへのコメント

    今まで和樹本人の意識していなかった所を見抜いていたからこその、先手だったという事なのでしょうね。

    柚葉さんには悪いですが、寂しさを演技している可能性も疑っております。
    どちらにせよ、続きが気になりますねぇ…。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!

     和樹の中には2人の女性がいて、それが姉の琴葉と、自分ということを薄々と気づいていた柚葉。

     だからこそ、和樹を良く知る琴葉から、彼の好みの服を教えてもらい、少しでも彼に好かれようとしていた。

     幼馴染みではなく、カノジョとして姉よりも自分を1番に見てもらいたかったのでしょう。

     でも、なんとなく自分が1番ではないような気がした。

     正確には自分と同率1位がいた。そのことに気づいたのでしょう。

     女の子って妙に感が鋭いんですよね…。

     だから、きっと柚葉は、姉と同じ髪型をして和樹の目の前に立った時、一ノ瀬柚葉に気がついてもらいたかったのだと思いますよ。

     直樹さん!いつもコメントありがとうございます!

     また次回も、こちらが考えさせられるようなコメントお待ちしてますね!

            あげもち

    2020年7月30日 21:05 編集済

  • 第12話 お兄さんの好みへのコメント

    やり口が酷すぎる
    本当に好きでちゃんとお付き合いしていきたいなら内緒なんかにせずに真っ直ぐに向き合うべきだった
    多分作者が考えてるより2段階ぐらい嫌な女ですよ柚葉
    姉の事をゴミの様に思ってるなら別に構わないけどこのやり方は姉との関係修復不可能
    まあ姉が一方的に我慢する展開にするならまだ大丈夫かも知れないですが

    作者からの返信

     こんばんは、仕事が立て込んでしまい、早急に返信できなくて申し訳ございません!

     お忙しい中、コメントありがとうございます!

     柚葉の行動に歯止めが掛からなくなっているのは、近しく、そして恋敵が実の姉だったからでしょう。

     …なんていうでしょうか、うまくコメントできないですけど、柚葉の行動も、琴葉の思いも、主人公の葛藤も、全て最後に繋げるつもりです。

     なので、そこまで読んでくだされば、私としても幸なのかなと思いました。

     少しずつ捻れ始めた物語は、もう中盤です。

     今後の展開をお楽しみに。

              あげもち

    2020年7月27日 19:37

  • 第12話 お兄さんの好みへのコメント

    柚葉ちゃんは琴葉を嫌っている訳では無さそうですね...琴葉が和樹と仲良くしているのを見せつけられてきただろうし、その反動から、「ふふ、姉さん。お兄さんは私も好きだったんだよ?ずっと姉さんが一人占めしてたけど。二人は付き合ってないし、私が奪ってもいいよね♪」みたいな。ちょっと腹黒ですね~( -∀・)
    今後どうなるのか...毎回気になります (笑)

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!

     哲学ひつじさん、ものすごくいいコメントくれますね!

     柚葉も和樹のことを好きだったけど、和樹はずっと琴葉と一緒で。

     だから、和樹にも琴葉だけじゃなくて、私を見て欲しかった。独占欲の現れですね。

     なのでこの話の第一話に和樹は、こんなことがあるんだって思った。と言っています。

     それほど、一ノ瀬柚葉からの告白が視野の外にあったのでしょうね。

     次回の話もお楽しみに!

     いつもコメントありがとうございます。

              あげもち

     

    2020年7月26日 22:48

  • 第12話 お兄さんの好みへのコメント

    闇が深すぎる…。何がどうしてそこまでするのか、という理由も気になりますね。

    恋の行く末もそうですが、この謎も気になってきますね。
    次回更新、楽しみにしています!

    作者からの返信

     こんばんは!この前はレビューありがとうございました!

     なぜ、柚葉がこうなってしまったのか、その過去も順を追ってタイミングを見計らって投稿しようと思います。

     次の話は、お酒でいうところのチェイサーのような話にしようと思います。

     また次もよろしくお願い!

              あげもち

    2020年7月26日 21:30

  • 第12話 お兄さんの好みへのコメント

     柚葉さん、敢えて姉に見立てさせた服装でいくなんて、姉に対する悪意がひどいですね。横取りした快感を楽しんでいませんか?後で、この日の相手が彼だと知った時、姉がどれほど衝撃を受け、妹を憎まざるを得なくなることか。
     姉の反撃・逆転勝利を望んでしまいます。

    作者からの返信

     こんばんは!コメントありがとうございます!

     んー、果たしてこれは横取りなのでしょうか、たしかに両者とも主人公のことが好きですが、単純な話としてみた時に、先に好意を伝えたのは柚葉の方です。

     しかし次の話は久しぶりにピュア回にするつもりです。

     純粋に、大好きな人と楽しむお祭りデート回。

     お楽しみに!

               あげもち

    2020年7月26日 21:16

  • 第12話 お兄さんの好みへのコメント

    愛が深いと憎も深い。

    オディオになりますかね。

    妹の前世はオルスたんか。

    物理と精神どちらがきついかとなったら、決して元には戻らない精神かなと思うんです。
    砕けた岩は元に戻りませんしね。接着剤でもデブコンでも。

    果たして同じ相手を好きになっただけでこうなるだろうか。
    語られてない過去には何が?

    作者からの返信

     とうとうタグの不純恋愛物の部分が浮き彫りになってきましたね。

     少しずつ沼にはまっていくこの感覚、書いていて私もなんか楽しくなってきました!

     今日一日、何度もコメントありがとうございました!

    2020年7月26日 21:25

  • 第12話 お兄さんの好みへのコメント

    これは琴葉の姿に似せたんだろうけど逆に墓穴を掘りそう・・

    しかし柚葉ちゃんどんどん闇深にw
    今まで琴葉と主人公がずっと一緒にいたのを見ていた反動もあるんだろうか

    次回も楽しみにしております!

    作者からの返信

     こんばんは!コメントありがとうございます!

     柚葉の闇が深くなってきましたね。まるで心理戦でもしているように。

     しかし次の回は、きっと読んでいてチェイサーのような話になると思うで、そちらもよろしくお願いします!

               あげもち

    2020年7月26日 21:28

  • 第11話 約束へのコメント

    夏祭りでバレて、収集つかなくなって、どちらかの家が引っ越しとか一人暮らしとかなりませんように〜

    通常であれば、これまで好きと言わなかったカズ君が初めて好きと言うけれど、花火の音で搔き消えるところなんですが。

    姉の涙と罵声しか見えない。

    違う場面を見たい。

    作者からの返信

     ドロドロしてきましたね…

     柚葉には、もう少しだけ悪役でいてもらいます。

     今はこれぐらいにしておきましょう。

    2020年7月26日 21:11

  • 第10話 ジャージへのコメント

    夏祭り、カズ君も浴衣ですよね?

    現実で毎年思うのが、彼女は浴衣なのに彼氏が普段着って何やねんと思ってます。
    男性の浴衣は女性の浴衣に比べたら圧倒的に簡単ですのに。

    着物もそうなんですけどね。

    この姉妹、スタンドかペルソナ出して戦いませんよね。

  • 第9話 私のものへのコメント

    どんどろどろどろ

    恋愛戦争に衛生兵はいないので醜いキャットファイトにならなければ良いけど。

  • 第12話 お兄さんの好みへのコメント

    回を追うごとに柚葉ちゃんの闇が深い。琴葉ちゃんがつらい。
    しかし・・・このまま終わらす作者様ではなかろうに。(笑)

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     こんばんはてつやさん!

     一日に二回もありがとうございます!

     柚葉の闇が深くなってきますね。でも主人公に対してはものすごく一途で、きっとこれから先、柚葉の牙が主人公に、向くことはないでしょう。たとえ、琴葉の気持ちを知りながら、奪うように付き合ったとしても。

     それだけ、柚葉は和樹のことが好きで仕方ないのです。

     

               あげもち

    2020年7月26日 20:48

  • 第8話 雨音へのコメント

    これが恋愛ゲームでセーブ&ロードがあって、姉妹それぞれエンドがあればいいのにとか思っちゃいます。

    甘い、甘いぞ、MAXコーヒーより甘いぞ。

    恋愛は戦争だ。

    大人と違い、お金と性があまり絡まないから純粋な恋愛戦争だ。

    魅力に極振りしてればいいのですかね。
    それこそ甘いですよね。

    姉せつない。

    せつなさみだれうち。(せつなさ乱れ打ち)

    ペルソナ、刹那五月雨撃ちより

    作者からの返信

    どっちも良いな! 読者さんがそう思っているのと同じくらい、主人公にしては、琴葉と柚葉、両方とも魅力的なのかもしれませんね。

     葛藤と思惑が入れ混じるこの恋は、果たして綺麗なまま終わりを迎えるのだろうか…それとも…。


               あげもち

     

    2020年7月26日 20:24

  • 第7話 イヤホンへのコメント

    伏線がないのが伏線であって欲しいかも。

    なんだかんだ言っても単純に妹スキー(死語)なのですよ。

    ナウなヤングは使いませんね。(だから死語)


    白いコードを赤い糸の表現は良いですね。

    そして付き合ってるけど、やっぱりカズ君一度も好きって言ってないですよね。

    恥ずかしいだけなのか、とりあえず可愛い幼馴染と付き合えるからひゃっほーいなのか。

    作者からの返信

     白いイヤホンのコードを、運命の赤い糸と言い換える表現を使ってみたかったのですが、やっと使えました!
     
     そうやって2人でイヤホンを分け合える関係ってものすごく憧れますね…。

     

    2020年7月26日 20:20

  • 第6話 LINEへのコメント

    どちらかしか選べないならどちらも選ばない。

    というのが捻くれた自分なのですが。

    目が離せなくなってきましたね。

    日本人の倫理感を解き放てー

    結婚(良くも悪くも表現はともかく、結婚は妥協と契約だと思ってる。)してなければ、何人と付き合っても良いんじゃないかと思い始めてます。
    日本人の倫理が一人じゃないといけないと決めつけてるような気が。
    まあ一人と出会うのすら困難ですが。
    結婚は契約のため駄目ですね。
    法律相談所でも昔見たような気はします。

    さて、姉妹は仲良く老後を迎えられるのかな。
    家族でヒビだらけはやっぱりいたたまれない。

    作者からの返信

     ところがどっこいです。どちらかしか選べないというのが現実なのです。

     ちなみに、私としてはもう結末は既にできていて、今はそこに向かうための葛藤とそれぞれの思惑を書いているというところでしょうか。

     こんなに多くのコメントありがとうございます!

     

    2020年7月26日 20:17

  • 第5話 柚葉Daysへのコメント

    姉には内緒の真意次第で姉派妹派わかれますね。
    主に性格の面で。
    場合によってはえげつない妹のレッテル貼られてしまう。

    裏があると穿ってしまうのは歳のせいか、ろくに恋愛してないせいか。

    そうは言ってもやはり先に伝えたもん勝ちというのはあります。

    デートはたのしんでますし。

    作者からの返信

     こんばんは!

     きっとこの時柚葉は単純にデートと楽しんでいたと思います。ずっと好きだった人と付き合って、初めてのデートは、彼女の中でずっといい思い出として残っていくのでしょう。

    2020年7月26日 20:14

  • 第4話 いつもの場所へのコメント

    幼馴染はエシディシだったのかー。
    カーズ呼び捨てに出来るのは敵以外では該当者一人。

    タイミングが大事だと理解させられる。
    三人本当は誰が好きかはわかりませんが、姉妹二人とも本気でカズ君が好きだった場合、先に言ってしまった妹に軍配上がりますしね。
    正直まだカズ君は妹に対して好きとは言っていない。返事として付き合おうと言っただけで。
    カズ君の本心は何処へ?
    姉がどうなるかで波乱か平穏か。
    物語的には波乱一択でしょうけど。

    まだ出ぬ第3者という線もありますけど。
    カズ次第。
    MAXコーヒーより甘いぜカズ君。

    作者からの返信

     こんにちは!コメントありがとうございます!

     …良かったです、やっとジョジョネタにツッコミを入れてくれる方が出てきてくれて…。スベッたと思いました。

     この恋愛は、本当なら先に付き合ってる柚葉の圧倒的優勢なのです。

     ですが、まだこの時点で琴葉はまだ、主人公が付き合っていることなんて知りません。

     それでいて、優しくしてくれる主人公に対して、大きな恋愛感情を胸に抱いていることでしょう…。

     話はだいぶ進んでいますが、1話あたり2000文字を超えないように作りました。

     暇なとき、最新話まで確認してみてくださいね!

     どうか、この恋の結末を、見届けてください!

               あげもち

    2020年7月26日 17:48

  • 第11話 約束へのコメント

    琴葉ちゃんの、どうしても正体がわからないが意外でした。妹だとわかった時のショックは計り知れないでしょう。
    柚葉ちゃんの闇の深さが気になる。和樹くんはそれでいいの?

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     こんにちはてつやさん!コメントありがとうございます!

     ショックを受けている琴葉。

     だけどもしかしたら和樹も少なからずや、複雑な気持ちになったでしょう。

     今年は柚葉と一緒に行きたいと言う気持ちと、幼馴染みの琴葉と今年も一緒に回りたかったと言う気持ち。

     さらに今年は花火があがり、どちらと行っても思い出に残るものとなります。

     それと、なんで『悔しさに似た感情』なんでしょうね?

     きっと、この恋は一筋縄ではいかないですよ。

     今後の展開にご期待ください!

               あげもち

    2020年7月26日 10:34

  • 第11話 約束へのコメント

    まさか妹に先を越されてるなんて思わないだろうなぁ・・・
    幼馴染ゆえの油断が招いた結果ですな・・
    物語的には「転」ですかね?

    当日に妹といるのを見て修羅場になるか主人公の気持ちがどうなっていくのか、楽しみにしております!

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!

     物語で言うとまさに転の部分ですね。

     とうとう主人公の意識の先が自分でないことに気付いてしまった琴葉。

     だけど、その相手が自分の妹だとはまだ気付いていません。

     さて、それを知った時琴葉はなにを思うのでしょうか。

     今後の展開にご期待ください!

              あげもち

               

    2020年7月26日 10:25

  • 第11話 約束へのコメント

    妹に密かに出し抜かれ憐れまれていた、という衝撃の真相を知るのももうすぐですね。。。
    誰が相手なのか、調べ始めるのか、このまましばらく落ち込んでいるのか。
    主人公は相変わらず姉に対しては全く脈がない様子ですが、物語としては、どこかで動きがあるはず?

    続きを楽しみにしています。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!

     ずっと主人公のことを好きだった琴葉。

     きっと相当なショックを受けたと思います。

     さて、琴葉の恋はこのまま終わってしまうのでしょうか。

     次回、夏祭り編です。

     話がどう動いて行くのか、お楽しみを!

              あげもち

    2020年7月26日 10:28

  • 第3話 ランチへのコメント

     自主企画よりきました。
     幼馴染みの妹との恋愛、ということで確実にこの後、姉も実は主人公が好きでといった流れになるんだろうと、今後の展開は修羅場か隠れ二股かまさかの姉妹納得の上で一緒になのか、色んなパターンを想像しながら期待しています。
     1話1話は短いながらそれぞれの場面をしっかり書かれているので空き時間に気楽に読めそうでしばらくはのんびりと続きを楽しませてもらおうと思います。

    作者からの返信

     おはようございます、黒須さん!

     コメントありがとうございます!

     話の中に隠れる、主人公の小さな葛藤。そして主人公の彼女である柚葉と、まだ付き合っていることを知らない姉の琴葉。

     どんな形でも、お互いを意識し合っている三角関係の恋は、どんな結末を迎えるのか。

     そして、誰にとってのハッピーエンドで、誰にとってのバッドエンドになるのか…。

     今後ともご期待ください!

               あげもち

    2020年7月26日 07:30

  • 第10話 ジャージへのコメント

    姉が自分で返したかったはずのジャージをどうやって奪取したのか、姉の反撃、
    そして、姉に対しては今のところ全く恋愛感情のない様子の主人公がこれからどう変わるのか?

    続きを楽しみにしています。

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!

     和樹の琴葉に対する気持ちは、たしかに恋愛感情ではないのかもしれません。

     しかし、幼馴染みとしては、とても好きなのでしょう。それが毎年琴葉と夏祭りに行っている証明だと思います。

     でも…琴葉視点で見た時に、和樹はどう見えるんでしょうね…。

     今後の展開にご期待ください!

               あげもち

    2020年7月25日 22:01

  • 第10話 ジャージへのコメント

    「もう貸さない」からの、にこりとした笑顔。してやったりってとこか?
    ジャージのこと、夏祭りのこと、乗り越えることが間近に迫ってますね。
    今回は怖いというより、ツケがまわってきたって感じ。やっぱり感かなぁ。でも次回あたりから楽しみすぎる。

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     こんにちは、てつやさん!

     柚葉がいながらも、琴葉とも仲良くしてきた和樹。柚葉は一度釘を刺したかったのでしょうか…。

     もうすぐ夏祭り編がやってきます。

     楽しいはずの夏祭り、さて、3人の中では一体どんな思い出になるのでしょう。

     いつもコメントありがとうございます!

             あげもち

    2020年7月25日 14:53

  • 第10話 ジャージへのコメント

    更新ありがとうございます。

    え?ヤンデレルート?

    作者からの返信

     コメントありがとうございます!

     あれですね、美しい薔薇にはトゲがあるってやつですね…。

     ちなみに私はヤンデレ好きです。

              あげもち

    2020年7月25日 14:16

  • 第10話 ジャージへのコメント

    姉ちゃんがどう来るのか..気になりますね(; ・`ω・´)

    作者からの返信

     コメントありがとうございます! 

     本当は琴葉が返すつもりだったジャージを、どう言う訳か柚葉が返しにきた。

     もしかしたら柚葉はそうやって、琴葉が和樹に近づくチャンスを潰したかったのかもしれませんね…。

     さぁ、次回は琴葉回です。

     この先一体、どうなっちゃうんでしょうね…。
     
             あげもち

    2020年7月25日 13:17

  • 第10話 ジャージへのコメント

    こわいなぁ…こわいなぁ…
    ある意味、お化けや心霊の話よりも、この類の話の方が肝が冷え冷えになりますよね

    作者からの返信

     こんにちは!コメントありがとうございます!

     そうですよね、こう言う時の女性の笑顔ってめちゃくちゃ、ヒヤヒヤしますよね…←体験談。

     これからもっとヒヤヒヤして行きますよ!

     本当にコメントありがとうございました!

             あげもち

    2020年7月25日 13:14

  • 第9話 私のものへのコメント

    これは...(^-^; この後何が起こるのか..ニヤニヤワクワクしながら読ませて頂いてます!( ≧∀≦)ノ今回は妹の方の心理描写だったので姉の方もあるのかな~
    ともかく作者さんを応援してますΣb( `・ω・´)グッ

    作者からの返信

     こんにちは!あげもちです!

     そうですね、姉の心理描写も出す予定なのですが、まだここぞっていう時に取っておきたいですね。

     応援コメントありがとうございます!

     これを弾みに頑張りますね!

             あげもち



    2020年7月20日 13:58

  • 第9話 私のものへのコメント

    更新ありがとうございます。

    琴葉とも◯タバ毎日のように行ってるからどこかでは好きなんだろうけど、和樹の本当の気持ちはどうなんだろう?本人は気づいてる?気づいてない?どっちにしてもこれからの展開が気になる。

    それとタグの「不純恋愛物」がきになる…どういう意味だろう…

    作者からの返信

    こんにちは!

     話が大きく動いた第9話、ここからが本当の不純恋愛物にというタグの本編になります!

     主人公の気持ちがどっちに揺れるのか、以後お楽しみを!

     それではまた、お待ちしてます!

              あげもち

    2020年7月20日 13:56

  • 第9話 私のものへのコメント

    妹の本性等は予想通り?なのか、もう少し事情があるのか。
    姉の好意は知ったうえで、出し抜いて、関係を強固にするまでは黙っておき、、、
    能天気でしてやられてしまった姉の逆襲に期待します!(これで、交際を実は知っていて、演技だったらびっくり。そこまで強かである場合、なぜ出し抜かれたのかが逆に疑問になりますが。)

    作者からの返信

     こんばんは、はじめまして!

     あげもちです!

     読んでくださってありがとうございます!

     姉の好意を知っていてのこの行動、柚葉も琴葉と同じか、それ以上に和樹のことが好きだったのでしょう。なので柚葉自身、男子が選び放題な状況でも、お兄さんこと和樹に対してとても一途です。

     いつも琴葉にはいろんなものを譲ってきた。でもそんな柚葉でも、1番大切なものは譲れても、一番好きな人は譲れなかった。

     今後の展開にご期待ください!

     それでは…また次もお待ちしてますね!

               あげもち
     

    2020年7月19日 22:32

  • 第9話 私のものへのコメント

    面白く一気読みです!

    ドロっとした妹、ちょっと三角関数気味の状態。ドキドキしてます!
    続き楽しみにしてます!

    作者からの返信

     こんばんは! あげもちです!

     一気読みしてくださったんですね!それだけでものすごく嬉しいです!嬉しすぎて、コーヒーこぼしちゃいました…。

     私の方針としては、仕事の休憩の合間、昼食や、昼休み、待ち時間に読める程度の文字数にするように心がけています。なので、それ故に内容が薄いと思われることがあったので、面白い!と言ってもらえるのがとても嬉しいです!

     …とどうでも良い事ばかりですみません!

     今後の展開にご期待ください!

     また次も、良かったらコメントしてください!お待ちしてますね!

              あげもち

    2020年7月19日 22:19

  • 第9話 私のものへのコメント

    付き合っている事を未だに伝えてないことから何となく想像できたけど、やっぱりここからドロドロしていくのかな。

    作者からの返信

     こんばんは、コメントありがとうございます!

     はい!ドロドロしていきます!

     でも、そうですね、逆に柚葉が付き合っているということを伝えたとして、琴葉はどんな顔をするでしょうかね?

     もしかしたらあえて伝えないという柚葉なりの優しさだったのかもしれません。

     コメントありがとうございます!

     今後の展開をお楽しみに!

               あげもち

    2020年7月19日 22:10

  • 第9話 私のものへのコメント

    おいおい…

    作者からの返信

     こんばんはー、あげもちです!

     ここまで読んでくださってありがとうございます!

     そうです!貴方様のような反応をずっと待ってました!

     ここからが私が描きたかった本当の話です。

     ほのぼの展開もそろそろ終わりですね…。

     コメントありがとうございました!

     またお待ちしてますね!

    2020年7月19日 21:26

  • 第9話 私のものへのコメント

    怖い。

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     こんばんはてつやさん!

     やっと柚葉の本性が出てきましたね。

     純粋系の可愛いカノジョって立ち位置ですが、光あるところに影ありです。

     ここから主人公を中心にどう捻れていくのでしょうか…。

     ってところで今日のところは終わりです!

     いつも本当にありがとうございます!

     また次もてつやさんからの反応、お待ちしてますね!

     

    2020年7月19日 21:31 編集済

  • 第8話 雨音へのコメント

    やっぱり琴葉ちゃん編はせつないー。

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     こんにちはいつもありがとうございます!

     雨音が鳴り響くなか、2人っきりのバス停。
     
     和樹も雨でずぶ濡れでしたが、それでもジャージとタオルを優先的に、琴葉に譲ってもらえたのが純粋に嬉しかったのでしょう。

     そしてそんな嬉しそうに笑う琴葉に思わずドキリとしてしまう和樹。

     果たして、和樹の本当の気持ちってどっちなんでしょうかね?

     …。

     今回もありがとうございます!
     
     またお待ちしてますね、てつやさん!

           
               あげもち

    2020年7月19日 15:54

  • 第7話 イヤホンへのコメント

    和樹が柚葉との関係に「運命の赤い糸」を感じているなら琴葉が入る余地なし。
    だけど柚葉と付き合うことで、キョリが近すぎて気付きにくくなっている幼馴染の琴葉への恋愛感情を間違いなく意識している。琴葉からすれば柚葉が付き合ってくれたおかげでようやく「土俵に上がれた」感じ?よーわからん。次回以降が楽しみ。

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     お久しぶりです、てつやさん!
     いつもコメントありがとうございます!

     すごい考察力ですね…このままだと、完結する前に展開がバレそうですね…。

     柚葉と付き合っとことによって、琴葉の時も同じ気持ちになる主人公。少なからずや、琴葉のことは間違いなく友達や幼馴染み以上には思っているのでしょう。

     ちなみに、私としてはまだほのぼの展開を続けて行こうかなと思います。具体的には10話あたりで話を進展させようかなと。

     ちなみに、今はまだ、起承転結の、承、と言ったところでしょうか、少しずつ伏線をばら撒いていって…って感じです!

     考察系のコメント、ひやっとしますがとても面白いです!もっとヒヤヒヤさせてください!

     またコメントお待ちしてますね。

     

    2020年7月18日 11:44 編集済

  • 第6話 LINEへのコメント

    妹は、姉が主人公を好きなことを知りつつ、早いもの勝ち、先行逃げ切りを図っているのですね。

    作者からの返信

     おはようございます!

     …もしそうだとしたら妹は、結構性格が悪い…いや、恋に盲目なタイプなのかもしれませんね。

     ですが、実は逆に姉も、妹が付き合っているという事実を知っていたとしたら?

     …。

     近いうちに第7話を投稿するので、今後の展開をお楽しみにしていてください!

     この度はコメントありがとうございました!

     また次もお待ちしてますね!

     それでは、良い1日を!



    2020年7月14日 07:05

  • 第6話 LINEへのコメント

    そりゃそうだ。一つしか選べないこともあるからね。

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     こんにちは、てつやさん。

     今回のテーマは隠れた葛藤です。

     付き合ってるのは柚葉。だけど心のどこかでは琴葉のことも好きだったのかもしれません。
     
     今まで近すぎたが故に気づかなかったのかもしれませんね…。

     コメントありがとうございます。

    2020年7月11日 18:35

  • 第5話 柚葉Daysへのコメント

    楽しそうなデートですが、琴葉ちゃんのことを思いながら読むと、切なくなりますね。作者様の狙いでしょうか?

    更新ありがとうございます。

    作者からの返信

     いつもコメント。ありがとうございます!

     楽しい、甘々なデート回にそんな不安を思い浮かべてもらえたのであれば、私としても次の話を書くためのブーストになります。

     今回もありがとうございました!てつやさん!

    2020年7月10日 18:29

  • 第4話 いつもの場所へのコメント

    三人それぞれイタイ感じですね。これからどうなるの?普通に三角関係なの?それとも···。

    楽しみにしてます。

    作者からの返信

     お久しぶりです、てつやさん。

     幼馴染みの琴葉と、その妹でありカノジョの柚葉。

     2人とも昔からの幼馴染みで実際に接し方にはそこまで差がないのかもしれませんね…。

     でも、2人とは付き合えませんよね?

     …さぁ、これからどうなるのでしょう?

     って、ことで、コメントありがとうございました!

     また、お待ちしてますね!
     
     

    2020年7月9日 23:30